カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の1213件の記事

2015.10.17

散髪

 久しぶりに床屋へ行く。前回は3月17日。214日、6ヶ月30日ぶりらしい。さすがに前髪が唇につくようになると、整えるのが面倒になる。

 理髪料の日単価14円、月単価429円。理髪店のおじさん、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.28

柄付きマスク

 最近、柄付きのマスクが存在するということを知ったのだが、実際に付けているのを見ると違和感甚だしい。

 マスクにどうして花柄が必要なのか理解に苦しむのだが、こういったものを愛用する人というのはいかにもという感じで、それに関しては違和感がなかった。普通の人は使おうとしないものだろうと思う。まぁ、業務時間は白い普通のマスクに付け替えるのは、社会人としての最低の良識か。

 それにしてもあたしはマスクは使わない。風邪等の疾病の予防等には効果がないというのは明らかであるし、しゃべることが仕事の半分である状況で、邪魔で仕方がない。来客によっては応対者のマスク姿は失礼に見えるようで、クレームが入ったりすることもなくもない。

 マスクを使ったのは生まれてこの方、掃除中の埃を避ける為ぐらいである。これは絶対的で、マスクがなければ口と喉がおかしくなる。それして、マスクを使おうかしらんと思うのが、冬場の乾燥時期の睡眠中である。あたしは鼻が悪いので、もっぱら口呼吸をしてしまうのだが、口が乾燥してしまって、朝目覚めたときに具合がよくない。しかし、寝ている途中に外れてしまうのは明らかなので、試みたことはない。

 ということて、あたしは基本的にマスクは使わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.26

運転免許を更新する

 週末はとにかくでれーっと過ごしてしまいがちなのだが、今日は意を決して運転免許の更新に行く。市内の運転免許センターは日曜日も業務をしているので、遠方で平日しか扱っていない警察署管内で生活している人と比べると楽なのだが、役所嫌いのあたしとしてはそもそもこういったところに出向くが苦痛だったりする。しかし、田舎だと免許がないと生活できないし、連休明けには期限切れになるものの、連休中は業務をしていないようであるらしいし、重い腰を上げる。

 今回もカードの色はゴールドである。更新事務の簡略化ということで5年更新の制度が始まって以来、幸いなことにこのゴールドを続けられている。違反はもちろん一度もない。唯一あったのは、信号待ちをしているところに後ろから追突されるという10:0の事故のみである。

 昔の更新だと顔写真を用意していかなければならなかったが、これがなくなっただけでも楽になった。デジタルデータで顔写真が保存できるので、免許証用に撮影した写真をそのまま使っているのだろう。運転免許証のスキャニングによる更新申請書の出力があったり、いろいろ技術革新がある。前々回までは優良運転者については顔写真を撮って免許証が出来るまでの10数分、ロビーのようなところで流されている啓発ビデオを見ながら待ち、証ができ次第、解放という感じであったが、さすがにきちんとした形での講習をしなければならないという指導があったようで、30分間の講義を受けるようになった。それでも受け付け開始しして、1時間程度で新証が交付されるのはありがたい。

 最近、あたしは週末はたいてい黒シャツの出で立ちで今回の更新もこの服装で撮ったのだが、更新に来ている人の多くが本当の普段着で、どうでもいいような服装の人が少なくなくびっくりする。5年間使う免許なんだから、そこそこの格好はしてきても良いのではないか。というものの、あたしの写真写りは眼鏡が眼にかかっていて、これで問題ないかと、担当者が出来上がった証を持ってきた。そちらが問題ないのなら、これでいいですよ、ということで、結局、取り直しはなし。誰もそこまで写真を見ることはない。次回からは縁なしの眼鏡で撮った方か良いかもしれないと思った。

 今回もらった免許証で以前と変わったのは、臓器提供の意思表示欄が裏面に記載されたこと。健康保険証にも同じ記載がある。この2つで内容の不一致があったらどうするんだろう。署名日が新しい方を優先するんだろうか。ちなみにあたしは基本的に臓器提供は拒否しないが、それがなければ生体が維持し得ない臓器、心臓、肺、肝臓、膵臓については移植するべきものでないものとして、拒否の対象にしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.01

春は突然来る

 気温がすっかり上がって、完全に春になった。シャツのうえに羽織るのもダウンジャケットではなく、ウインドブレーカーになった。12月には9度まで冷え込んでいた書斎の気温もすでに20度を超えてしまった。眠るときに寒さに気を遣うことはなくなったが、今度は暑くて寝汗をかきそうなので、寝具を考えなければならない。職場にはスーツばかりが目につく新採があふれているし、年度初めの雑用が煩わしい。やれやれ、新しい年は春とともにやってくるものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.31

異動いろいろ

 市町村役所というのはいろんな部署があって、分野で行っている事業が全く異なる。畑として水が合えばいいのだが、必ずしもそういう訳ではない。部署で行っている事業が異なれば、隣の職員がやっている業務がこれまた全く異なったりしている。とにかく異動には振り回されることが多い。

 人事異動は基本3年とされている。これは基本であり、4年であったり5年であったりする。あたしは最初の部署では7年間働かされた。ちょっと込み入った担当についてしまうと動かすと影響が出るため、動かしてもらえなくなるのだ。例えば、電算担当とか。しかし、すべての業務において3年の異動はどうかと思う。3年というとようやく業務のすべてが判り、本格的に使えるようになる、といった時期だからである。基本は5年でないかと思う。

 人事が行うのは部署間の異動であり、部署内での担当変更は課長らの判断で行う。

 たいていのものはその部署にいる間の3年なりを通して同じ担当をしたり、3年目の異動に近い頃になって引き継ぎを考慮して担当を交換したりする。しかし、中には毎年、係を変えられ、全く異なった仕事をさせられるものがいる。これは実に見ていて可哀相である。

 仕事の担当を頻繁に変えさせられるのは、たいていの仕事をそつなくこなすことが出来るということで、異動による穴埋めに用いられる場合が一つである。有能であることは間違いないのだが、1年で変わるので業務に精通することが出来ない。一通り覚えたら、次の仕事、と云うことなので本人も辛い。いったん穴埋め要員として認められると、次の部署への異動までそれが続くことも少なくない。そしてもう一つの頻繁な部署内異動は、先の正反対のケースである。 こういった頻繁な内部異動は比較的小さな部署で頻繁に行われることが多い。

 ということで明日から新年度が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.28

道路が出来る

 先週のことだが、道路が一部供用開始された。国の事業による地域高規格道路なのだが、副道部分は地元自治体管轄になり、あたしはその補助金申請や予算執行管理と云ったことに携わったことのある道路である。全線10kmくらいなのだが、今回供用となったのは1.8kmの区間で、すでに供用されているものと併せて4km弱となった。

 供用が始まったのは、中抜けの飛び飛びの部分開通でスマートな利用には結びつかないのだが、こういった公共道路については、すでにある道路に接続できた部分は極力早く利用できるようにするという動きがうり、今回の供用も始まったようた。街中を走る道路で開通が遅れるのはとにかく用地買収の問題によるもので、工事自体は恐ろしく早い。

 それにしてもこの30年で道路が増えた。あたしがのんびりと中学に通っていた道には片側3車線の高架を持つような道路が横断するようになってしまった。高校時代に通学途中に裏道として山裾の住宅地の中を走っていたのだが、その山にはトンネルが掘られ、大きな幹線道路が通った。この道路は4kmくらいしかないのだが、トンネルが2つもある。

 街の至る所に高架やアンダーパスが出来て、街の様相の変化に驚く。

 街の人口は減少にはなっていないものの、すでに毎年数千単位の微増になっており、まもなく減少に転じる筈である。そんなところでこういうインフラ整備に巨額をつぎ込むのはどうかと思う。国交省としては交通渋滞の解消により二酸化炭素の排出量が期待できるということなのだが、それも果たして絶対的な理由になるのかと思う。この後、人口が減少した街に車の少ない複雑に組みいった道路はどのように見えるのか。

 便利になる度に考えてしまうことは多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.25

花冷え

 当地では気象庁の開花宣言はまだのようだが、近隣の県ではすでに終わっている。数日もすれば、開花となるはずである。

 日も長くなり、日没が6時半間近となり、7時くらいまでは薄明かりがある。日が長くなると云うだけで、気分がすがすがしくなる。日暮れが早いと命を盗まれているような気になる。

 日中の気温はずいぶんと高くなったが、朝は花冷えというのか冷え込むことが少なくない。気温が3、4度という様なことがあるのだが、不思議なことにそんなに寒くはないのである。冬の寒い時期が続くと低温にもすっかりなれてしまうのらしい。冬の終わりの冷え込みは冷え込みにならないようだ。しかも、さすがに日中近くになると日も高くなっているので、十分に気温も上がる。辛抱するにしても朝の一時である。

 しかし、北国では吹雪にようになっているところもあるようで、いまさらながら日本は広いのだと思う。

 若い人はおそらく知らない人か多いのだろうが、過去に「せまい日本そんなに急いでどこに行く」という交通標語があった。実に優れた標語だと思うのだが、日本はそんなに狭くはないのではないかと思ってしまう。確かに狭いのかもしれないが、長いということは間違いない。

 国内の気候の違いというのはキューブリックの傑作「シャイニング」にもあった。舞台となる土地は深く雪に閉ざされているのだが、TVでは猛暑の地域のことがニュースで語られている。アメリカが舞台であるが、あの国は東部と西部で3時間の標準時間の違いがあるような広い国だから、そういうことがあるもの当然である。

 日本の場合は基本的に春と秋については似たような気候が西から東、東から西へと移る。ますます徐徐の変化が楽しみな季節となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.23

人事異動の内示が出る

 人事異動の内示が出る。例年なら辞令の出る一週間前の24日あたりが多いのだが、今年は早い。人事も多少は頑張ったか、と思ったら、1/5くらいの感じの規模の小さいものだった。道理で早く公表できる訳である。

 1年目なので異動については気にしていなかった。すると、一緒に異動してきた係長が異動になっていた。これまでの部署は長く居座されることが多かったらしく、1年で追い出されるようにして異動になったのはショックだったらしい。部長とも意見の食い違いがあって、何度か呼び出されて注意されたこともあったようだ。

 とは云うものの、彼の場合は昇任を伴う部署異動で、今の部署に余ったポストがなかったということもあって、特に気にするようなことでもないと思う。ただ気がかりなのは、異動先が2年前まであたしのいたところで、殺伐としたところなのである。精神的に参って療養休暇に入ったり、自殺者が出るようなところなので、気の毒としか云い様がない。

 あたしは異動に関しては特に何も考えないようにしている。宮仕えに異動はつきものであるし、うちの職場の性格上、転勤がごく一部に限られていると云うだけでまずは御の字である。そもそも就職したくないと思っていた勤先なので、はなから何があろうと諦めている。

 異動にかかる引き継ぎは避けることができず、これについては1年かけて楽にできる方法を考えようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.17

散髪

 久しぶりに床屋に行く。前回行ったのは8月2日らしい。間隔は227日、7ヶ月半である。これは新記録ではないだろうか。

 一日単価13.2円、月単価400円。まぁ、許容範囲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.24

散髪

 お盆前になんの張り紙もなく閉店してたので、とうとう店じまいに追い込まれたのかなと思っていた。おじいさんが一人で自宅店舗でやっている床屋で、70過ぎと思われ、いつ何があってもおかしくないのだが、お盆明けの月曜日には定休日の札が店頭にかかっており、それ以降、普通に影響していた。

 いい加減、髪が鬱陶しくなったので切ることにする。抜け毛の長いのが気分悪くなってくるのだ。

 前回は2月5日だったらしく、ちょうど200日、6か月と19日ぶりの散髪だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧