« 2014年11月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の10件の記事

2015.03.31

異動いろいろ

 市町村役所というのはいろんな部署があって、分野で行っている事業が全く異なる。畑として水が合えばいいのだが、必ずしもそういう訳ではない。部署で行っている事業が異なれば、隣の職員がやっている業務がこれまた全く異なったりしている。とにかく異動には振り回されることが多い。

 人事異動は基本3年とされている。これは基本であり、4年であったり5年であったりする。あたしは最初の部署では7年間働かされた。ちょっと込み入った担当についてしまうと動かすと影響が出るため、動かしてもらえなくなるのだ。例えば、電算担当とか。しかし、すべての業務において3年の異動はどうかと思う。3年というとようやく業務のすべてが判り、本格的に使えるようになる、といった時期だからである。基本は5年でないかと思う。

 人事が行うのは部署間の異動であり、部署内での担当変更は課長らの判断で行う。

 たいていのものはその部署にいる間の3年なりを通して同じ担当をしたり、3年目の異動に近い頃になって引き継ぎを考慮して担当を交換したりする。しかし、中には毎年、係を変えられ、全く異なった仕事をさせられるものがいる。これは実に見ていて可哀相である。

 仕事の担当を頻繁に変えさせられるのは、たいていの仕事をそつなくこなすことが出来るということで、異動による穴埋めに用いられる場合が一つである。有能であることは間違いないのだが、1年で変わるので業務に精通することが出来ない。一通り覚えたら、次の仕事、と云うことなので本人も辛い。いったん穴埋め要員として認められると、次の部署への異動までそれが続くことも少なくない。そしてもう一つの頻繁な部署内異動は、先の正反対のケースである。 こういった頻繁な内部異動は比較的小さな部署で頻繁に行われることが多い。

 ということで明日から新年度が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.30

本日入荷の積ん読素材

 たまには馬鹿映画が見たくなる。バイオハザードシリーズは最適である。何も考えずに見られるというのも悪くはない。

ウルトラバリュー バイオハザード ブルーレイセット
ウルトラバリュー バイオハザード ブルーレイセット

監督: ポール・W・S・アンダーソン, アレクサンダー・ウィット, ラッセル・マルケイ
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ
リージョンコード: リージョンAディスク枚数: 5
販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
DVD発売日: 2013/12/20
時間: 482分

 フィンチャーはまだどのように評価して良いのか判らずにいる。「エイリアン3」は興行的にも失敗し、散々な評価だったが、個人的にはオリジナルに次いで好きな作品である。あの世界観はなかなかだった。劇場公開を見て気に入った。

 彼の作品は他の監督の作品とは完全に一線を画しているが、キューブリックほどは技術が際立っていない。キューブリックは表現のためにはドラマを拒否しかねないところもあったが、フィンチャーはやはりドラマである。

 「ドラゴン・タトゥーの女」のBDはすでに持っているが、劇場公開版で、今回の入手はぼかしの少ない特殊版。こちらが先にリリースされたにも関わらず、評判の悪かった公開版が後に発売開始され、販売元がカスタマに批判されていた。

ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)
ドラゴン・タトゥーの女 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)

監督: デヴィッド・フィンチャー
出演: ダニエル・クレイグ, ルーニー・マーラ, クリストファー・プラマー, スティーヴン・バーコフ
リージョンコード: リージョンA
ディスク枚数: 2
販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
DVD発売日: 2012/06/13
時間: 158分

 どちらも定価の半額以下で入手した。安くなければ、入手しようとしなかったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.29

スマートフォンのストラップ

 ガッコが休みに入るやいなややって来、すっかり居候状態になっている下の子が「ぎゃ」という叫び声を上げた。どうしたんだと尋ねると、手が滑ってスマホを床に落としてしまったのだと云う。幸いにスマホは壊れていなかった。

 子供らにスマホに付けるようストラップを与えてもいらないという。アップル社の機種にはそもそもストラップ用のホールがないので致し方ないのだが、使っているSamsung機にはちゃんとホールが設けられているのだが、それでも必要ないという。

 周りを見るとスマホにストラップを付けている人は少ない。以前、携帯電話に山のようにストラップ付けるというのが流行ったが、今では嘘のように付けないのが当たり前となっている。おそらく早いうちに普及したアップル社の機械にストラップが取り付けられなかったから、付けないのが当たり前になったのだろうか。

 ストラップというのは機器の落下防止や取り回しに非常に便利で、機能重視なものである。また、個人のセンスで選ぶことの出来るものであり、1つや2つを同時にくっつけるくらいなら理にかなった使い方が出来る。そもそもスラップという発想は日本的である。というのも、江戸時代、帯にものを吊す際に帯に紐を固定する根付というパーツが発明され、工芸品の域まで発展したことがあった。それが、現在のストラップの先に吊される造形と考えても良いかもしれない。

 そんな機能的合理的なものがありながらも、必要ないと拒否してしまうことが理解できない。流行ではなく、もう少し見ることをしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.28

道路が出来る

 先週のことだが、道路が一部供用開始された。国の事業による地域高規格道路なのだが、副道部分は地元自治体管轄になり、あたしはその補助金申請や予算執行管理と云ったことに携わったことのある道路である。全線10kmくらいなのだが、今回供用となったのは1.8kmの区間で、すでに供用されているものと併せて4km弱となった。

 供用が始まったのは、中抜けの飛び飛びの部分開通でスマートな利用には結びつかないのだが、こういった公共道路については、すでにある道路に接続できた部分は極力早く利用できるようにするという動きがうり、今回の供用も始まったようた。街中を走る道路で開通が遅れるのはとにかく用地買収の問題によるもので、工事自体は恐ろしく早い。

 それにしてもこの30年で道路が増えた。あたしがのんびりと中学に通っていた道には片側3車線の高架を持つような道路が横断するようになってしまった。高校時代に通学途中に裏道として山裾の住宅地の中を走っていたのだが、その山にはトンネルが掘られ、大きな幹線道路が通った。この道路は4kmくらいしかないのだが、トンネルが2つもある。

 街の至る所に高架やアンダーパスが出来て、街の様相の変化に驚く。

 街の人口は減少にはなっていないものの、すでに毎年数千単位の微増になっており、まもなく減少に転じる筈である。そんなところでこういうインフラ整備に巨額をつぎ込むのはどうかと思う。国交省としては交通渋滞の解消により二酸化炭素の排出量が期待できるということなのだが、それも果たして絶対的な理由になるのかと思う。この後、人口が減少した街に車の少ない複雑に組みいった道路はどのように見えるのか。

 便利になる度に考えてしまうことは多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.27

大塚家具騒動

 大塚家具の父娘の経営権争いは株主総会で娘の勝利に終わったようた。

 親子喧嘩にしか見えず、非常に馬鹿馬鹿しく思えるのだが、また、ほほえましくもある。こういった争いは利権を争う場合が多く、自分の得になるように争う非常に見苦しいものだが、大塚家具の問題は会社存続のための経営方針に対する相違であり、随分と純粋なのである。

 こういった方針の違いはなかなか妥協することが出来ず、仲違いしてしまうことは理解できる。他人であれば、独立するという手もあるだろうが、高齢の父と娘であれば、お互いを放っておくことも出来まい。

 娘に勝利がもたらされたのはよかったと思う。成功する失敗にする、いずれにせよ世代交代は必要であるからだ。父親が勝ったなら、先すぼみの収拾のつかない状態に必ず陥った筈である。

 勝負のついた後の父娘には仲良くしてほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.26

航空事故

 先日、仏アルプスに墜落したドイツ航空機事故は副操縦士によるものである、という報道が今日、なされた。同じような事故が99年にエジプト航空機でもあったらしい。日本でもパイロットによる日航の逆噴射事故もあったし、航空機ではないが、列車事故の福知山線事故があった。

 平時に起こる大量死亡事故なので、衝撃がある。また、運行に関わる責任ある者が意図的に引き起こした事故なので、憤りを感じる。

 しかし、リスクは常にあるわけで、便利であるという裏には大きな危険が潜んでいる。空から落ちたくなければ、陸や海を行けば良い。海に沈みたくなければ、陸から離れなければ良い。ある意味、何事もなく移動できたのは幸運だっただけなのかもしれない。

 死ぬときには死ぬというのを考えると、明日、このような身に覚えのない事故に巻き込まれてもおかしくはない。死ぬまでを生きるまでのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.25

花冷え

 当地では気象庁の開花宣言はまだのようだが、近隣の県ではすでに終わっている。数日もすれば、開花となるはずである。

 日も長くなり、日没が6時半間近となり、7時くらいまでは薄明かりがある。日が長くなると云うだけで、気分がすがすがしくなる。日暮れが早いと命を盗まれているような気になる。

 日中の気温はずいぶんと高くなったが、朝は花冷えというのか冷え込むことが少なくない。気温が3、4度という様なことがあるのだが、不思議なことにそんなに寒くはないのである。冬の寒い時期が続くと低温にもすっかりなれてしまうのらしい。冬の終わりの冷え込みは冷え込みにならないようだ。しかも、さすがに日中近くになると日も高くなっているので、十分に気温も上がる。辛抱するにしても朝の一時である。

 しかし、北国では吹雪にようになっているところもあるようで、いまさらながら日本は広いのだと思う。

 若い人はおそらく知らない人か多いのだろうが、過去に「せまい日本そんなに急いでどこに行く」という交通標語があった。実に優れた標語だと思うのだが、日本はそんなに狭くはないのではないかと思ってしまう。確かに狭いのかもしれないが、長いということは間違いない。

 国内の気候の違いというのはキューブリックの傑作「シャイニング」にもあった。舞台となる土地は深く雪に閉ざされているのだが、TVでは猛暑の地域のことがニュースで語られている。アメリカが舞台であるが、あの国は東部と西部で3時間の標準時間の違いがあるような広い国だから、そういうことがあるもの当然である。

 日本の場合は基本的に春と秋については似たような気候が西から東、東から西へと移る。ますます徐徐の変化が楽しみな季節となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.24

スマホを復活させる

 しばらく前にスマホがお亡くなりになり、スマホのない生活を送っていた。

 あたしのスマホの使い方があまりに激しいため、ディスクに負担がかかり、ディスクの読み書きエラーが生じ始め、最後はOSすら立ち上がらなくなる。これが結構強烈で、充電さえ受付しなくなるのである。そんな風に白ROMを新品、リフレッシュものをこれまで2回ほど壊してきた。おのおの1年半くらいの寿命である。

 まぁ、こういう状況に陥るのはどう考えても尋常ではなく、早いうちに逃れなくてはならないと思っていたところに、先日、壊れたものだから、そのままに使わずにいたのだ。幸いにもガラケーも使っており、非常時の連絡についてはこれで事足りる。

 とにかく読書の時間が復活したのがうれしかった。完全積ん読が3年近くになっていたものだから、読まずに痛んでいく単行本も少なくなかった。スマホがあると際限なく情報が入ってき、情報に溺れる、惑わされるということはなかったものの、取り込むだけで精一杯だったと思う。

 物事を整理するというのは時間が必要で、たとえば、この様にブログに書くというのも非常によい。表出するのには咀嚼する必要があるからだ。やはりブログの存在は大きいと思う。

 今回、スマホを復活させたのは、スケジュール管理が出来ないからだ。モールスキンを復活させてもいいが、前年、その前の年の情報を確認しようとすると無理がある。スマホでジョルテのようなスケジュールソフトを使っていると、データがある限りを確認するのが当たり前のようになってしまっている。

 以前にもザウルスとか電子スケジュール機を使っていたが、結局使わなくなってしまっていた。しかし、スマホでのソフトが必須的な必要性に感じるのは、使い勝手の向上が著しいのだろうと思う。15年近く前は機械をとっかえひっかえしていたものである。

 今回、入手した機械はGalaxySⅡで、同じ機種、3度目である。入手するには安く、機能も十分すぎる実にいい機械である。スケジュールが使えれば良いと思い、今度は中古のとりわけ安いものにした。とりあえず動けばいいのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.23

人事異動の内示が出る

 人事異動の内示が出る。例年なら辞令の出る一週間前の24日あたりが多いのだが、今年は早い。人事も多少は頑張ったか、と思ったら、1/5くらいの感じの規模の小さいものだった。道理で早く公表できる訳である。

 1年目なので異動については気にしていなかった。すると、一緒に異動してきた係長が異動になっていた。これまでの部署は長く居座されることが多かったらしく、1年で追い出されるようにして異動になったのはショックだったらしい。部長とも意見の食い違いがあって、何度か呼び出されて注意されたこともあったようだ。

 とは云うものの、彼の場合は昇任を伴う部署異動で、今の部署に余ったポストがなかったということもあって、特に気にするようなことでもないと思う。ただ気がかりなのは、異動先が2年前まであたしのいたところで、殺伐としたところなのである。精神的に参って療養休暇に入ったり、自殺者が出るようなところなので、気の毒としか云い様がない。

 あたしは異動に関しては特に何も考えないようにしている。宮仕えに異動はつきものであるし、うちの職場の性格上、転勤がごく一部に限られていると云うだけでまずは御の字である。そもそも就職したくないと思っていた勤先なので、はなから何があろうと諦めている。

 異動にかかる引き継ぎは避けることができず、これについては1年かけて楽にできる方法を考えようと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.17

散髪

 久しぶりに床屋に行く。前回行ったのは8月2日らしい。間隔は227日、7ヶ月半である。これは新記録ではないだろうか。

 一日単価13.2円、月単価400円。まぁ、許容範囲。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年4月 »