« 窓口業務を担当するようになった | トップページ | LINEアカウントが乗っ取られる »

2014.05.15

音声通話

 うちで使われているスマホはキャリアの契約ではなく、IIJ mioのデータ通信専用のSIMを使ったものだった。ファミリーシェアフランというヤツで3枚のSIMを2,700円/月で利用するというものだった。

 このSIMでもLINEやSkypeを使うと通常の携帯の半値近い額で格安で電話がかけられる。しかし、問題なのは発信専用になって、着信ができない。LINEやSkypeといったIP電話は着信用の電話番号がなく、どうしても必要であれば、Skypeの場合はそこそこの費用負担をすれば可能だが、メリットが薄れてしまう。

 この4月から大学に通いだした上の子なのだが、知り合いと連絡を取る場合、全員がスマホを使っているわけではなく、着信するための電話番号が必要だといい始めた。仕方がないので、月々1000円上乗せして、音声通話できるものに交換することにした。

 しかし、あたしが若い頃は携帯なんぞなく、外出先で電話しようとすると公衆電話を使うしかなかった。もちろん、相手も自宅かどこかにいる必要があるわけで、そんなに電話に頼った生活を送っていなかったような気がする。電話が使えれば確かに便利かもしれないが、そんなにちゃらちゃらと連絡を取り合う必要があるのか、不思議にもなる。

 一応、音声通話可能なSIMに交換するものの、通常の音声通話は着信専用で行うよういう。21.6円/30秒はやはり安くない。

|

« 窓口業務を担当するようになった | トップページ | LINEアカウントが乗っ取られる »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/59649453

この記事へのトラックバック一覧です: 音声通話:

« 窓口業務を担当するようになった | トップページ | LINEアカウントが乗っ取られる »