« 820,000番目のお客様は... | トップページ | 長男の入試戦線終了 »

2014.02.22

インフルエンザにて隔離

 何時もなら休日の午前中か午後の早い時間にやってくる下の子から、何の連絡もない。LINEでコールすると、無視されて、しばらくしてコールが入る。

 どうやら病院にいっていたようだ。熱があって、体調が悪いらしい。インフルエンザの検査をしたところ、症状が出始めて間もなくで、結果は一応、陰性らしかったが、正確ではなく陽性の可能性もあるという。

 上の子は来週、入試があって、風邪が感染るといけないので、あたしの家で下の子を見てくれという。まぁ、状況はよく判るのだが、有給があるのかどうかを先ず訊いてきたので、ちょっと頭にきた。うちの職場は、インフルエンザについては療養休暇扱いになっていて、熱が下がって3日を過ぎないと出勤できないようになっている。

 取り敢えず、普段使わないマスクとやらを買って来させて、下の子を預かることにした。

 ウィルス対策としては湿度を高くするというのがあるらしく、部屋の湿度を計ると45%くらいしかなく、電気ケトルを持って来て、お湯を沸騰させる。400ccくらい沸騰させるととりあえず80%くらいになった。濡らしバスタオルも干して、高湿度を保つようにするが、一時間も経つと60%を切るくらいになり、1時間おきにお湯を沸騰させて、蒸気で部屋を湿らせるようにした。

 来週は仕事も忙しく、久々に残業かな、と云う状態なので、ここでインフルエンザとかにかかる訳にはいかないと思っている。

|

« 820,000番目のお客様は... | トップページ | 長男の入試戦線終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/59180929

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザにて隔離:

« 820,000番目のお客様は... | トップページ | 長男の入試戦線終了 »