« 医者が世襲制なわけ | トップページ | 大雪だった町 »

2014.02.08

大雪ではなかった日

 深夜から午前中にかけて降雨があったものの、当地では積雪にならなかった。週末ではあるものの幸いである。

 他の地域ではかなりの大雪になったようである。北国ではいかに雪と共存するかということで、長年に渡って工夫がなされ、こちらでは大雪と云われるような状態でももごく日常とされる。ただ雪の降り方が酷い場合は、除雪費用が足りないという形で報道が行われる。

 東京の大雪ぶりは45年ぶりと云うことらしい。ニュース映像も都心のものではなく、雪国のものとなってしまっている。

 当地ではほとんど積雪はなかったものの、まわりではそうでもなく、軒並み高速道路が閉鎖され、長距離バスも運休になっている。飛行機も東京とかの相手の飛行場が使えないと云うことで、ほとんど止まってしまっているようだ。列車については止まっていないようだ。

 当地での大雪と云えば、30年前のもので、14cmの積雪があった。それ以外は降っても7cmくらいのようで、2日もあれば溶けてしまう。その84年の大雪の時は、自転車通学中に転倒し、九死に一生を得た。

 こういった数十年に一度の自然災害に対して、そのままハード的に対応をしようとするのやはり馬鹿げていると思う。災害があるという前提で、それが生じた後の対応に備えておく方がコスト的にも優しいし、幅広く臨機応変に対応できるものである。311の災害に対して、巨大堤防の建設を行っている地域もあるようだが、間違った対応のような気がしてならない。

|

« 医者が世襲制なわけ | トップページ | 大雪だった町 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/59102797

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪ではなかった日:

« 医者が世襲制なわけ | トップページ | 大雪だった町 »