« 散髪 | トップページ | 医者が世襲制なわけ »

2014.02.06

ゴーストコンポーザーのこと

 最近、人気の作曲家にゴーストコンポーザーがいたと云うことで、そのゴーストコンポーザーが懺悔会見を開いた。表の作曲家というのは被曝者2世であり、聴覚を完全に失った人間であり、そのことが作品の素晴らしさにさらに輪をかけた評価を呼んでいた。

 残念ながらあたしはこの人のことをまったく知らなかったが、ゴーストコンポーザーであった人間の話は衝撃的であった。表の作曲家は曲を基本的に作ることは出来ず、メーンとなるような簡単なフレーズや曲の構成を示して、実際の作曲は影の作曲家か行っていてたようだ。また、聴覚障害で全くなにも聞えないと云うことだったが、会話に不自由したことは特になかったと云う。

 影の作曲家はゴーストコンポーザーに徹していて、特にこれまでのことについてとやかく云うつもりはないのだが、やがて始まる冬季オリンピックの競技で自分がゴーストとして作った)曲がBGMとして使われるのが心苦しく、今回、この事実を公にしたのだと云う。著作権についてはゴースト作曲家であるということから、そもそも放棄しているとのこと。それについて今後も表の作曲家と争うつもりはないらしい。

 芸能人等の著名人の著書としてゴーストライターがついているのは、暗黙の了解である。著名人の著書については、彼らの語る内容が読者の関心であり、その構成や語り調子ではない。形を整えるというのがゴーストライターの行う作業であり、これはどちらかと云うと機械的な作業に近く、独自性は低い。

 しかし、音楽のゴーストコンポーザーとなるとこれは全く変わってくる。音楽は時間の芸術であり、すべての瞬間の綱なりが創造の対象となる。他人に部分的な手直しをされることがあっても、部分的なものを示して、自分のものとしてそれを作らせると云うことは音楽として不可能である。桑田佳祐も楽譜を書けず、基本的に鼻歌から曲の形にしているはずだが、バンドメンバーとの作業は演奏におけるアレンジ的なところになるだろうから、桑田の曲としての独自性は当然守られている。

 これまで表の作曲家であった人間は、どのようにしてこれまで自分を詐ってきたか。しかも、障害が軽いにもかかわらず、重度の障害認定を受けていたなら、大きな問題となる。この問題について暴露するようなことがあれば、夫婦で自殺をするぞ、影の作曲家を脅していたが、それはおそらく本心であろう。その結果、完全に社会から葬られるのは間違いないからだ。18年間、作曲を依頼し続けていたということらしいのだが、どのように思いながらその間を過ごしていたのか。

 障害認定については法的に裁かれる可能性は大きいが、その他のことについては、金銭的なお咎めは受けることはないかもしれない。しかし、彼の人生は終わったようなものである。

|

« 散髪 | トップページ | 医者が世襲制なわけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/59083488

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーストコンポーザーのこと:

« 散髪 | トップページ | 医者が世襲制なわけ »