« SNSというもの | トップページ | 本日入荷の積ん読素材-「日本の民家一九五五年」「独裁者のためのハンドブック」 »

2014.01.20

Skype会議をする

 Skypeというインターネット電話サービスがある。最近は、これをつかうことが多い。このサービスによってインターネット経由で固定電話や携帯電話に電話をすることができるだが、これが携帯電話を使うよりはるかに通話料が安いのである。ただし、こちらから電話をする際に相手には電話番号が表示されず、表示不能と表記される。それで問題ないのなら、発信はSkypeを使うのがいい。一番の問題はこちらには電話番号がなく、電話を受けられないということである。発信専用のサービスである。

 それ以外にもSkypeは、PCやスマホで双方にこのソフトを入れていれば、無料通話することができる。ここ数年、ねとらじというインターネットラジオを聴くことが日常になっているのだが、このラジオ配信を複数のパーソナリティで行なう場合は、大抵がこのSkypeを用いて、各自自宅にいながら会話をして配信を行っている。

 今までグループでこのソフトを使ったことがなかったのだが、あるネットラジオのDJより突然連絡があって、某怪談師を紹介してくれと頼まれる。そのDJと話をしたのは無料通話では始めてであったし、しかも5時間と云う長さになったのも呆れものだった。しかも、今度はSkype会議のホスト役をやれと云うのである。

 その怪談師には早々にメールで連絡をし、スケジュール的にOK連絡を貰ったのが昨日のことだった。

 たぶん出来るであろうと踏んで、3人での会話に挑んだのであるが、何のトラブルもなく、進めることが出来た。最近のソフトは判りやすく作られていると思う。

 夜の9時40分から始まって、お開きにしたのが2時半。あたしは喋るのが苦手だし、喋ることもないので、おふた方の会話を聞くばかりだったのだが、なかなか楽しいひと時だった。技術の革新には本当に驚く。

|

« SNSというもの | トップページ | 本日入荷の積ん読素材-「日本の民家一九五五年」「独裁者のためのハンドブック」 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/58981714

この記事へのトラックバック一覧です: Skype会議をする:

« SNSというもの | トップページ | 本日入荷の積ん読素材-「日本の民家一九五五年」「独裁者のためのハンドブック」 »