« デヴィット・リンチ「デューン/砂の惑星」(84) | トップページ | Su-Pen P201S-ASCは理想一歩手前のスタイラスペン »

2013.04.30

起き上がりムンクは絶品

 印象的で一度見ると絶対に忘れることのできない「叫び」でお馴染のムンクが今年生誕150年とかで、先日、東京で記念イベントがあったようだ。そのイベントで、福島会津の民芸品・起き上がり小法師とのコラボとして、起き上がりムンクが作られ、限定販売されたらしい。

 そんなことを出勤前に付けていたTVで知った。

 小物としては非常に気の利いたもので、「叫び」と云う希有な素材を見事に料理していると思う。当然のように欲しくなり、その朝の出勤後、始業までのうちに通販先を見つけ出して注文してしまった。

 大きさは3.5cmと7cmの2種類。色は黒・赤・緑・青の4種類があるようだ。あたしは大小の2セットのものを黒と赤で入手したのだが、図柄は手書きなので、いずれも表情が異なる。

 大きいものを倒すと下が平べったくなっているので、ぎこちなく起き上がるが、小さいタイプは半球なので恐ろしく勢いよく起き上がる。何ともユーモラスな小物である。

 気に入ったので、小さいのを4つセットになっているのを追加注文してしまった。

|

« デヴィット・リンチ「デューン/砂の惑星」(84) | トップページ | Su-Pen P201S-ASCは理想一歩手前のスタイラスペン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/57283166

この記事へのトラックバック一覧です: 起き上がりムンクは絶品:

« デヴィット・リンチ「デューン/砂の惑星」(84) | トップページ | Su-Pen P201S-ASCは理想一歩手前のスタイラスペン »