« 情弱云々とはいうけども... | トップページ | 猫を、してしまった »

2012.06.24

「地獄の黙示録」の音楽

 何だかんだといってもコッポラの「地獄の黙示録」はあたしにとって5本の指の一つには入ってしまう。どうしてもこの作品からは逃れることが出来ない。

 とにかく混沌として猥雑でありながらも、その世界観に揺るぎはない。

 音楽の使い方も見事である。多くの人によって、冒頭のThe Endを用いたことですでに成功が約束された、といったようなことが云われるが、確かにその通りである。

地獄の黙示録
地獄の黙示録

CD (1990/9/25)
ディスク枚数: 2
レーベル: ダブリューイーエー・ジャパン
収録時間: 96 分


 後に公開された完全版ではなく、オリジナル版公開時のサントラLPは発売当時に購入して、現在も持っているのだが、プレーヤーを奥まったところにおいてしまい、簡単に聴ける状況にない。

 久しぶりに聴きたくなり、中古CDを購入する。2枚組で一時間半の長尺である。ナレーション、台詞等もそのまま含めて音楽を収録したもので、いわゆるサントラと呼ぶには多少抵抗がある。しかし、あの妖しい世界を満喫するのには向いている。

|

« 情弱云々とはいうけども... | トップページ | 猫を、してしまった »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/55059873

この記事へのトラックバック一覧です: 「地獄の黙示録」の音楽:

« 情弱云々とはいうけども... | トップページ | 猫を、してしまった »