« 「地獄の黙示録」の音楽 | トップページ | 消費税云々 »

2012.06.25

猫を、してしまった

 すでにお亡くなりになって、道路の一部と化した状態になっているものは、何度かぎゃああと云いながら、その上を走行したことはあるのだが、生身のものに当たったことはこの30年近くになる運転歴のなかでも経験はなっかった。

 とにかく猫というヤツは質が悪い。無事に車の前を寸前で走り抜けても、再び引き返してくる。反射神経が鋭いのだろうか。鋭いというより過敏すぎるということかもしれない。あの行動は発作的である。

 ということで、土曜日の夜、子供たちを乗せた車でやってしまったのである。

 跳ねたと云うより、車体の下に潜り込んでしまって、車底の凸凹に何度か頭やら体を打ち付け、ルームミラーで確認すると、そのまま駆けていった。踏んではないから、即死ではないけども、何事もなかったとは思えない。

 そんなことで、子供たちには、教習所で路上にでたときまず教わるのは、小動物は避けようと思わずそのままはねろ、ということや、カンガルーバンパーをつけた車は人を殺そうと思ってる、などの話をしておいた。

|

« 「地獄の黙示録」の音楽 | トップページ | 消費税云々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/55066497

この記事へのトラックバック一覧です: 猫を、してしまった:

« 「地獄の黙示録」の音楽 | トップページ | 消費税云々 »