« 訃報 新藤兼人 | トップページ | 勝ったとか負けたとか »

2012.05.31

大飯原発再稼働

 やっぱり原発はなくてはならないようなものだ。政権の判断によって、間もなく稼働の決定が行われる。

 財界からいろいろ云われているんだろうと思う。この、すべての原発が止まってしまった、というチャンスを捨てて、簡単にもとの状況に戻ろうとするやり方が残念で仕方ない。

 原発に関しては、やはり手にしてはならないシステムだと思う。人間の手に負えるものではない。福一は現在、小康状態だが、ちっとも安心ではない。この事故が最悪な結果になれば、幾つかの県が荒野になっていた。

 問題なく動いていたとしても、核燃料の廃棄については処理が不可能な状態であるし、廃棄物は他国に押しつけるとしても、平常時の原発のメンテナンスでさえ人的な犠牲は大きすぎる。

 堀江邦夫の「原発ジプシー 」を読むと、この原発というシステムは生贄が前提であるとということがよく判る。それに携っている巨大企業は、殺人者と云っても差し支えないと思う。人を人と思っていれば、このような点検に係る作業に携わらせることは不可能である。現代の人買いである。

 そういうことを知ってか知らずか、再稼働を押し進める連中は自分が責任を取るなどと云っている。いつか、万人の前で割腹でもしてくれるのだろう。それが唯一、この場合の責任を取るというものだ。

|

« 訃報 新藤兼人 | トップページ | 勝ったとか負けたとか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/54845571

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発再稼働:

« 訃報 新藤兼人 | トップページ | 勝ったとか負けたとか »