« 粗塩の威力 | トップページ | 時計を修理に出す(その1) »

2012.03.28

人身事故は怖い

 ここんところ残業が続いている。基本的に残業のない事務を担当させられているので珍しいことのなのだが、残業といっても9時前後までの軽いものである。

 帰宅に使っている道路は、以前国道だったもので、明るいうちは結構混むのだが、新道が出来てから生活道路的な使われ方になったのか、夜になってからは通行量が極端に減る。たまにしか車が走らないという状態ができてしまうのだ。そんな中をバイクを走らせると、出勤時とは所要時間が1/4くらい違っていたりする。

 仕事を終えてとっとと家に帰ってゆっくりしたいとバイクを走らせていた。

 やや大きめの交差点を青信号で突っ込もうとしていたのだが、いきなり自転車が車道に出てきた。走っているバイクの5mもないくらいの先を、飛び出してきたのだ。そこには、一応、横断歩道になっているのだが、いくら横断歩道とは云え、赤信号で渡ろうとするのはよろしくない。

 ブレーキをかけても止まれる距離ではなかった。目の前に自転車に乗っている人間が迫ってくる。

 をいをいをい、このままぶつかるのかい。勘弁してくれ~な。と思う。

 目の前に自転車に乗った人の背のあたりが迫って、ドスンと云うショックが原付バイクの前輪にあった。

 やれやれ、人身事故をやってしまったがな。と、血の気がひくのだが、こちらは転倒もせずにそのまま走っている。自転車の走行方向の右を見ると、自転車も転倒もせずに、そのまま道路を渡り切って、歩道を突っ走っていった。

 接触はしたものの、幸いにも大ごとにはならなかったようである。

 目撃者もいない状態で赤信号で飛び出してきた自転車に当てられた日には、もう不幸のどん底としか云いようがない。本当に救われた。

|

« 粗塩の威力 | トップページ | 時計を修理に出す(その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/54342253

この記事へのトラックバック一覧です: 人身事故は怖い:

« 粗塩の威力 | トップページ | 時計を修理に出す(その1) »