« 落とし所の見極めこそが管理職の肝 | トップページ | 氷点下な島 »

2012.02.02

雪の日本

 今年は雪が多いようで、昨日あたりからの報道で、雪国ですら豪雪に参っているのには驚かされる。雪のほとんど降らない南国に住んでいると、除雪なんて気にしたことがなく、その費用不足で生活に支障が生じつつあるというのが何とも不思議に思える。当地では雪が積ってもお昼近くになって太陽が高くなれば、溶けてしまうものなのである。

 寒さだけならどうにか凌ぐことができると思うのだが、固体の雪に閉ざされてしまうと考えるとやはりゾッとする。ほっておくと家が潰れてしまうとなるとなおさらである。

 当地も今日は冷え込んでいて、昼も2.7度までしか上がっていなかった。幸いにも雨雲はかかっておらず、良かった良かったと思っているた。夜10時過ぎに気象庁のデータを見ると当地は積雪3cmになっていた。

 まさかと思って外に出てみるとアパートの廊下にまで雪が薄らと積っていた。

 三脚を立てて、記念撮影。氷点下1.5度くらい。30秒くらいの長時間露光で何枚も撮ったので、下半身は冷え切ってしまった。

 明日までに溶けてくれれば良いのだが、氷点下が続くようで期待できない。

|

« 落とし所の見極めこそが管理職の肝 | トップページ | 氷点下な島 »

フォト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/53888491

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日本:

« 落とし所の見極めこそが管理職の肝 | トップページ | 氷点下な島 »