« 610,000番目のお客様は... | トップページ | 冷える »

2011.10.26

訃報 北杜夫

 北杜夫が亡くなった。しばらく前にこの人がTVに出ているのを見かけた時、ひどく老け込んでいるのに驚いたものだった。

 中学時代の愛読書は、小学時代に星新一を卒業して、筒井康隆、小松左京のようなSFとともに、昭和30年代を中心に活躍した、北杜夫、遠藤周作、吉行淳之介をとりわけ好んで読んでいた。

 彼らはエッセイの名手でもあった。あたしは彼らの小説も読んでいるのだが、どちらかと云えば、エッセイの方が好きだった。私生活感あふれるエッセイだったが、どこまで誇張が行われているのかよく判らなかった。しかし、オトナというのを早々に垣間見たという気もする。

 3人とも明るい中に影がある。戦争体験の影響が大きいのだろうか。また、北と吉行は躁鬱病でもあったようだから、それも無関係ではないだろう。

 地に足の着いたような文学が読みたいなら、彼ら以前になるような気がする。

|

« 610,000番目のお客様は... | トップページ | 冷える »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/53091046

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報 北杜夫:

» 【追悼】 北杜夫逝く [仙丈亭日乘]
私の中には、あなたが沁み込んでゐる。 [続きを読む]

受信: 2011.10.27 09:30

« 610,000番目のお客様は... | トップページ | 冷える »