« 訃報 スティーブ・ジョブス | トップページ | 酷道聖地に向かう »

2011.10.07

ウィキペディアのソースになる

 このブログはココログを使っているのだけども、どこから来たのか解析してくれるような機能があって、たまにそれを見る。

 不思議なことにウィキペディアのURLから来ているというデータがあって、そのサイトを確認すると英語サイトのHiroshima_(book)の項だった。ジョン・ハーシーの「ヒロシマ」の解説ページで、登場する人々の写真を、どうやら、2007.07.06のアサヒグラフ 1952年8月6日号 原爆被害の初公開から、引いている様である。

 おそらく日本人か日本語のできる人がやったんだろうな。

 時たま、あたしのブログの内容が知らぬ間に別サイトで使われているのを見つけて、ドキリとする。まさかウィキペディアに載るとは思ってもいなかった。

|

« 訃報 スティーブ・ジョブス | トップページ | 酷道聖地に向かう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/52969322

この記事へのトラックバック一覧です: ウィキペディアのソースになる:

« 訃報 スティーブ・ジョブス | トップページ | 酷道聖地に向かう »