« 高速道路値上げ | トップページ | AKBなんたら »

2011.06.08

昭文社出版編集部「東日本大震災 復興支援地図」(11)

 道路地図というと最近はすっかりガーミンのナビばかりに頼ってしまって、ほとんど使っていないのだが、広域で確認するのには絶対にこちらが適している。カーナビはやはり地図が読めない、もしくは読むのが面倒な人のためのものだと思っている。

 そんな道路地図なのだが、あたしが特に好きなのは昭文社のマップルである。とにかく地図が見やすい。線の太さ、色合い等について完璧なフォーマットを持っているのではないかと思う。他社の地図は線が太かったり、色が濃かったりでどうにも見悪いと感じてしまい、手元に置く気にはならないでいる。

 その昭文社が大日本印刷株式会社と共同で先月26日から「東日本大震災 復興支援地図」を作成して、青森・岩手・宮城・福島・茨城・千葉各県内の県災害対策本部・太平洋沿岸地域の各市町村災害対策本部・県災害ボランティアセンター、中央官庁震災対策室、報道機関(テレビ、新聞・通信社)に総数3万部を無償提供することとしたらしい。地図は、太平洋沿岸地域(青森県八戸市付近~千葉県旭市付近)を縮尺1:50,000で網羅し、津波浸水範囲・災害対策本部、仮役場、避難所・物資運搬や人員の輸送に重要となる主要道路の通行規制情報が掲載されている。地図会社としては最高の仕事だと思う。

 その関係団体に無償提供されたものが一般にも販売された。

東日本大震災 復興支援地図
東日本大震災 復興支援地図

昭文社出版編集部 (編集)
大型本: 144ページ
出版社: 昭文社; 1版 (2011/6/6)
言語 日本語
ISBN-10: 4398691014
ISBN-13: 978-4398691019
発売日: 2011/6/6

 手に取ると今回の災害の大きさにあらためて驚く。

 これまで知らなかった地名が報道により馴染みになるものの、今ひとつ位置関係が判らなかったりしていた。また浸水被害の状況もどの程度のものか実感か湧かなかったりするものの、この地図を見ることでその規模の大きさが明らかになる。また、まだまだ知られていない被災地があることも判る。

 崖でない海岸が延々と浸水被害を受け、津波の恐ろしさ、被害の大きさが露わになっている。

 この地図は現在の復興作業を支援するだけでなく、後々の災害対策の重要な資料になるのは間違いない。昭文社と大日本印刷株式会社は非常に貴重な仕事をしたと思う。

|

« 高速道路値上げ | トップページ | AKBなんたら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/51892014

この記事へのトラックバック一覧です: 昭文社出版編集部「東日本大震災 復興支援地図」(11):

« 高速道路値上げ | トップページ | AKBなんたら »