« 巨大地震翌日 | トップページ | 北野武「超思考」(11) »

2011.03.13

巨大地震3日目

 被害の状況はまだまだ掴めない様子だ。そんな中で宮城県警本部長が、死亡者は万単位になるだろうという発言をしたようだが、これは初日の被害映像を見ただけでも十分感じたこと。現場の総指揮を取っている人だから、事態の深刻さは十分に判っているだろうと思う。

 それにしても町をすべてもぎ取られた様子は痛々しい。まだ何もないのであれば、復興はし易いのだろうが、残骸が山となっているのでそれを片づける必要がある。更地にしなければ何も始まらない。

 町に関しては最悪逃げ出すことにすれば、放置できるのだが、残骸土砂で埋まった河川を放っておくのは無理だろう。水害の元となる。何kmも埋まってしまったような河を浚うのは相当なことである。

 壊滅的な被害を受けたのは地理的な条件も悪い小さな自治体が多い。どこまで復興のための手が差し伸べられるか。民主主義というのは数の暴力でもある。

 マグニチュードの数値が変えられていることについてとやかく云っている人がいるが、そんなことはどうでもいいこと。震源の距離やら深さで実際の震度は変るのだから。問題は、おったことに対する対応等の現実のこと。

 当地でも起こる起こると云われている地震がある。冊子になった防災マップが各戸配布されたのは、金曜日。恐ろしいほどの効果のあるタイミングだった。

|

« 巨大地震翌日 | トップページ | 北野武「超思考」(11) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/51113191

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大地震3日目:

« 巨大地震翌日 | トップページ | 北野武「超思考」(11) »