« 訃報 坂上二郎 | トップページ | 巨大地震翌日 »

2011.03.11

東北地方太平洋沖地震

 地震のことを知ったのは4時過ぎ。部署の職員のひとりが大きな地震があったというのを聞き、知る。

 東北の被害が大きかったようだが、東京も揺れがあって一部では火災とかが発生しているという。東京に住んでいる弟の携帯電話に5時過ぎに電話してみたのだが、出られないというアナウンス。家に帰ってしばらくすると実家から電話があって、弟も八王子の家族も無事だということだった。とりあえず安心する。

 しかし、津波の映像はいずれもえぐい。家を次々と飲み込んでいく。津波を避けようと逃げる車。光景は、ぞっとするものだった。空撮で、なん機ものヘリコプターがその光景を冷淡に捉えている。なんて云うことだと思う。それは日本沈没という映画で見た光景よりも、はるかに醜いものだった。

 報告される被害者の数が少ない。被害が大きすぎるから、被害が捉え切れていないのだ。警察署だって、3階まで津波に呑まれている。役所が情報を収集できるような状況ではない。

 TVは一切のCMがなく、NHKなのか民放なのか判断のつかない状態。阪神の時はCMがあったような気がするので、今回はいかに大きな災害であるかということだ。

 弟からメールが届いたのは8時前。無事であったことと、電車が止まっているので、みんなで現場(弟は建築関係の仕事をしている)に泊まることになりそうということだった。その数分後に電話があって、同じようなことを伝えてきた。東京では震度5強の揺れで、本人はもっと激しかったように感じたらしい。何れにせよ、かなりの揺れであるのには違いない。

 夜が明けて、被害がはっきりしてくるだろう。先の報道では数百人の津波の被害者と思われる遺体が見つかったという。嫌な日々が始まる。

|

« 訃報 坂上二郎 | トップページ | 巨大地震翌日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/51094192

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震:

« 訃報 坂上二郎 | トップページ | 巨大地震翌日 »