« カンニングは偽計業務妨害か? | トップページ | 子供との一日 »

2011.03.04

スポルディング クリップオン サングラス

 老眼鏡を使うようになると日頃から使う眼鏡が3つになる。普通の近眼用の眼鏡、デスクワーク専用の近々タイプの老眼鏡、近眼用の度入りサングラス。サングラスは11月末から3月初めまでは通勤時には使用しないが、これからの時期には必須となる。

 この3つの眼鏡を持って歩くのはかなり面倒で、カバンのスペースも馬鹿にならない。ということで、サングラスに係る負担を減らすために、通勤時はクリップタイプのサングラスを使うことにした。

スポルディング クリップオン サングラス
スポルディング クリップオン サングラス

フロントカラー:ブラック
レンズカラー:偏光スモーク
可視光線透過率:19%
付属品:専用ケース

 度入りサングラスを作ると普通の眼鏡代にレンズの染め代も加わって、馬鹿にならない。クリップタイプだと、すでに使っているものにつければ、そのままサングラスになるという手軽さである。ただクリップで固定するので、鼻の部分に影が出来るのが鬱陶しいが、知らぬ間に馴れて気にならないようになる。跳ね上げ式なので、トンネル走行も安心である。

 このグラスは最近の小振りなレンズに合った大きさなのがいい。他のメーカーのものは大振りのものばかりしかない。小さなレンズに大きなレンズを当てると、はみ出てやはり固定が悪くなる。

 これまでは普通のレンズを染めただけのサングラスを使っていて、偏光レンズは初めてだったのだが、偏光レンズは車のフロントガラスの写りを無くして、べたりと視界を見せてくれるので驚いた。これはなかなか凄い。光景も乱反射がなくなって、落着きが出る。ただし、液晶や張り合わせのリアガラスのようなものに対しては、網ができる等見えにくくなることもあるのだが、それでも正面の見え方のシャープさには驚いた。

 休日は普通のサングラスを使うつもりなのだが、このクリップサングラスがあまりにも見えやすいので、今後、どうなるのかは判らない。

 先週末から忙しかったので、午後から休暇をとってゆっくりさせてもらう。

 ということで、いつもの定点観測。

 相変わらずの霞みで、例の山は全く見えない。

|

« カンニングは偽計業務妨害か? | トップページ | 子供との一日 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

フォト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/51053488

この記事へのトラックバック一覧です: スポルディング クリップオン サングラス:

« カンニングは偽計業務妨害か? | トップページ | 子供との一日 »