« 冬将軍のやって来る日 | トップページ | 寒い朝の日 »

2011.01.16

寒さの中の「不幸中の幸い」

 珍しく予報が当って、本日の最低気温氷点下3度、最高気温3度。当地で、氷点下になるのは年に一週間もないので、かなり寒い日といえるのだが、ここ数日寒い日が続いていたので、堪らなく、ということはなかった。

 寒い時には寒さを味わおうと、朝から外に出てみる。8時の気温が-2.4度。まぁまぁ、寒い。

 車のフロントガラスが汚れていたので、洗おうとするとウォッシャー液が出なかった。凍ってしまっているらしい。洗剤の入ったウォッシャー液を入れてもらうと高いので、とりあえず水を注ぎたして代わりにしていたのだけど、水だと完全に凍ってしまうようだ。以前に、普通のウオッシャー液を入れていた時、ガラスに積った雪を溶かそうと思って、掛けまくった事があって、その時は凍っていなかったのだが、窓に吹き付けるや否や凍ってしまい、収拾の付かないことになったことがあった。

 寒いものの、雪は降らないようで、多少がっかりしたものの、これは幸いだった。休日のうちに降って、溶けてくれればいいけども、週明けまで雪が残るようなことがあれば、厄介である。南国での雪はとてつもない驚異で、5cmも積れば、とんでもないことになる。

 平野部では寒いものの毎度の光景が広がっていたのだが、3、4km、山の中に入ると軽い積雪の路面となっていた。

 定点観察。いかにも寒そう。

|

« 冬将軍のやって来る日 | トップページ | 寒い朝の日 »

フォト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/50616499

この記事へのトラックバック一覧です: 寒さの中の「不幸中の幸い」:

« 冬将軍のやって来る日 | トップページ | 寒い朝の日 »