« 国勢調査 | トップページ | 彼岸花 »

2010.10.02

秋の山里

 車を転がしていると、彼岸花が目に付いた。今の時期が彼岸花のシーズンなのか、田ん圃の畦には絶対と云っていいくらいに、赤い色が添えられている。

 彼岸花の作りは非常に独特で、なおかつ、目の覚めるような赤。しかも"彼岸"と云う余り良い印象のない名前が付けられているから、多少怖くもある。確かこの花は毒花でもある筈である。美しい反面、もう一つの世との繋がりをそこはかとなく感じる光景である。

 いかにも山里といった光景。この集落には県道が通っているのだが、離合をしたくないような細い道だ。そんなに山奥という訳でもないのだが、実にホッとするような風景だ。彼岸花が所々でアクセントをつけている。

 彼岸花は春の田ん圃の風景であるレンゲ草とは違って自生だと思うのだが、このコスモスも自生か。空き地に無造作に咲いていた。

|

« 国勢調査 | トップページ | 彼岸花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/49668884

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の山里:

« 国勢調査 | トップページ | 彼岸花 »