« ハバネロ唐辛子を試してみた | トップページ | サラダマリネマフィン »

2010.10.19

Microsoft Office

 Microsoft Office 2010を使い始めて、一週間が経つのだが、この退化がどうにも信じがたい。

 先の2007からメニュー表示にリボンというグループ表示が採用されたようなのだが、とにかく一覧性が悪い。初めて使うユーザーにとっては判りやすいのかも知れないが、もう10数年来のユーザーにとっては大きなアイコンのみのメニュー表示は鬱陶しいだけである。

 しかも以前はAltキーでメニューが開いていたものが、馬鹿のようなキーの組み合わせをしなければキーボードで命令が出来なくなってしまった。素早い処理はマウスを使わず、キーボードをいかに駆使できるかにあって、パワーユーザーはキー操作が体に染みついているはずなのに、それがほとんど反故になってしまった。オールドスタイルとの切り換えが出来ないという事は、古参のパワーユーザーの切り捨てに他ならない。

 MSのこう云った方針は何に基づいているのか、理解に苦しむところである。

 いろいろなアドインを使って、以前の表示が出来るように試みてはいるのだが、ショートカットキーについては完全でないようで、苦労する。Excelの印刷プレビューなんて良く使う機能で、2ステップのキー操作で表示できていたものだが、今は何やら表示するのに苦労をする。

 OfficeもOSもXPあたりをのんびりと使っているのが一番幸せで、バージョンアップで必ずしも幸せになれるとは限らない。

|

« ハバネロ唐辛子を試してみた | トップページ | サラダマリネマフィン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/49826415

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft Office:

« ハバネロ唐辛子を試してみた | トップページ | サラダマリネマフィン »