« 明日にはkindleか | トップページ | 実家からの呼び出し »

2010.09.18

kindle 3届く

 kindle 3(Kindle 3G Wireless Reading Device, Free 3G + Wi-Fi, 6" Display, Graphite, 3G Works Globally - Latest Generation)が到着する。今度のバージョンから日本語表示が出来るといっても、マニュアルを含めて、本体のメニューもすべて英語表示しかない。初めのうちは、多少まごついたものの、読書が目的の機械なので、機能そのものもシンプルで、小一時間程で勝手を掴むことが出来た。

 日本語のファイルを入れると、前バージョンまでの様にフォントハックしなくてもそのまま日本語表示され、当たり前の様に使えるのがいい。今回、購入に踏み切ったのは、価格が下がったこと(かつ円高)と、この日本語対応があったからだ。

 とにかく感心したのは、3Gでフリーでネットに繋ぐことが出来るということ。接続の早さは光やADSLと比べると使いものにならないと云う印象を受けるかもしれないが、一般電話回線にモデムを繋いでネットサーフィンをした経験があるとその頃が懐かしいといった感じで、まったく使えないという程でもない。自宅にいる時は、自宅の無線LANでWi-Fi接続して、外出先では3G接続するといった使い方が可能である。いずれの接続も同様の遅さである。3Gに関しては、現在は無料ということなのだが、この先、このマシンが普及した後はどうなるか判らない。

 ただネットサーフィンする際にブラウザの性能が悪く、マルチウィンドウ表示とようとすると蹴られる等の制限があり、色んな手段を用いて回避する必要があるのだが、一番の難点は日本語表示は問題なくても、日本語入力が出来ないというどうしようもない制限があるという事である。しかも、著作権保護の関係からか、コピー&ペイストという、PCでは基本的な機能が搭載されていない。こういった難点をカバーする方法もあちこちで見受けられ、それをネットから見つけるというのもおもしろい。

 英語の読み上げ機能があることからか、MP3も再生できる。ただし、順番に再するのが基本で、曲をスキップするだけが出来るという最低限の機能である。しかし、ヘッドホンに繋げた時の音は決して悪くはなく、音楽を聞きながら読書できるのはなかなか良い。

 本体と一緒に純正カバーも注文する。本体は白と黒の2種類あるのだが、廉価なWi-Fiのみのものは黒のみ、やや高価な3G+Wi-Fiのものは白と黒の両方のバージョンがある。本当はWi-Fiだけでもいいかなと思っていたのだが、白い機種が欲しく、なおかつ5000円でどこでもネット接続できるのなら、3Gでもいいかと判断した次第。そうして、カバーの色は赤にする。

 こんな取り合わせになるのだが、これってまさしく赤表紙のモールスキン仕様なのである。随分と垢抜けしていて、悪くはない取り合わせだと思っている。

|

« 明日にはkindleか | トップページ | 実家からの呼び出し »

Amazon kindle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/49504230

この記事へのトラックバック一覧です: kindle 3届く:

« 明日にはkindleか | トップページ | 実家からの呼び出し »