« 老ける人 | トップページ | 熱中症か »

2010.08.04

高齢者所在不明問題

 100歳を超える高齢者が少なからず所在が不明になっていることが問題になっている。

 まぁ、この調査の発端となった30年間自宅ミイラは確かに異常な出来事で、事件とも呼べることなのだが、死体遺棄という訳でもないし、違法性はない。ただ受給者本人が死亡しているのにもかかわらず、第三者による年金受給があれば、これは犯罪である。

 しかし、これらの所在不明云々というのはあくまでも住民基本台帳が完璧であるという前提での話であり、実際には住所不定といった人たちも多いわけで、台帳が完全であるということの幻想が一般的にあるということに他ならない。

 役場で仕事をしているといかに住民基本台帳がまともではないかということを思い知らされる。通知文書を送付しても随分と郵送戻りがあるものである。住民票は行政サービスを受けるためには必須ではあるが、そんなものは必要ないというのなら、放置というものあるだろう。

 そうやって、何十年も世間から離れたところで生きていれば、自然と今回のようなことが発生することとなる。年金の受給と引き下ろしがあるにもかかわらず、所在が掴めない場合は詐欺の可能性があるので、これは絶対に何が起きているのか確認すべきだろう。

|

« 老ける人 | トップページ | 熱中症か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/49062356

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者所在不明問題:

« 老ける人 | トップページ | 熱中症か »