« 大雨 | トップページ | 辛いカレー »

2010.07.13

プログラムは肉体労働

 先週はずーっとAccessでプログラムを組んでいた。自分の仕事に関する業務支援プログラムである。

 仕事は簡単な割にはしち面倒なもので、それを全面的に支援するプログラムを作ってしまうと、本当に一人役いるのかと思えてしまう感じになってしまった。複数人で分散して処理できるようになったため、もしかすると今後は人を減らされるかも知れないという気がする。業務に関する時間が、最低でも1時間半は減ってしまったと思う。

 前任者にそれを見せると「完璧」、「そういうのが本当は欲しかった」という感想が貰えた。

 それにしてもブログラムが知的労働かというと、決してそういうわけではない。知的労働なのは、システムの全体設計をする最初の段階の2割程度で、後はひたすらコーディングという力作業となる。

 今回はひとつの画面に30くらいのボタンを設置して処理を行うというシステムで、基本的には同じような動作をするので、単純作業が延々と続くという恐怖のプログラミングだった。本業の人たちに、SEとプログラマとがいるというのはよく判る話である。もちろん、SEはプログラマのミスも修正できる訳である。

 ひとつのプロシージャに対するコードが2500行を超えてしまったのだが、ボリュームが多すぎるとコンパイルエラーになってしまったのには参ってしまった。

 今回は初めて自分のために作ったプログラムである。そういうのを見て、周りからいろいろと作ってくれという依頼が入り始めた。少しは作業をしておかないと腕は鈍るので、かなり疲れはするものの、良いことである。

|

« 大雨 | トップページ | 辛いカレー »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/48870719

この記事へのトラックバック一覧です: プログラムは肉体労働:

« 大雨 | トップページ | 辛いカレー »