« 朝青龍だって辞めている、という日 | トップページ | 山に登る »

2010.02.05

山菜飯

 一週間分の食材の買い出しにスーパーに行くと、山菜飯の素[もと]が目についた。素といっても、汁と山菜の具材である。これらをお米炊く時に炊飯器に入れれば、山菜飯が出来るらしい。

 四十も半になると、山菜のような何でもないようなものが本当に旨く思えてくる。ワラビだのゼンマイだの、多少苦みがあって、芯は柔らかく周りは固いといった食物は、絶妙としか云いようがなく、肉食がいかに色気が無いかと思えてくる。

 3合炊き用なのだが、山菜は少なくなく、200円という価格でそのものを買うと思えば、十分すきるような気がした。

 さっそく、丼ぶり山盛りの山菜飯を食ったのだが、本当に日本人で良かったと思えるひと時を過すことが出来た。

|

« 朝青龍だって辞めている、という日 | トップページ | 山に登る »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/47516184

この記事へのトラックバック一覧です: 山菜飯:

« 朝青龍だって辞めている、という日 | トップページ | 山に登る »