« ロビン・ハーディ「The Wichker Man ウィッカーマン」(73) | トップページ | 腹が張る »

2010.02.12

映画とは残酷なもの

 あたしはガキの頃から映画が好きで、今も見続けている。最近の映画にはあまり興味がなくて、どちらかというと過去のものをDVDで見ることが多い。近ごろのものはどうも薄っぺらくていけない。

 映画とは姿を写して残すメディアである。1950年代半ばになるとカラー技術も進み、最近では修復も完璧だから、現在の作品と遜色ない状態で鑑賞することが可能である。

 作品の中で溌剌として活躍するのを目の当たりにし、感動し憧れる。しかし、それはすでに40年ほど前の作品であり、彼は間違いなく年老いていたり、もしかするとすでに亡くなってしまっているかもしれない。非常に淋しいことである。役者は銀幕の中だけでは生きていないのだ。

 映像メディアの保存も容易くなり、おそらくこれからは年代を問わずに鑑賞をすることが可能になる。そうして度々、出演者の今を思うことが増えるのだろう。

|

« ロビン・ハーディ「The Wichker Man ウィッカーマン」(73) | トップページ | 腹が張る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/47566381

この記事へのトラックバック一覧です: 映画とは残酷なもの:

« ロビン・ハーディ「The Wichker Man ウィッカーマン」(73) | トップページ | 腹が張る »