« 一年間の結果 | トップページ | 隣の住民 »

2010.01.11

明田弘司「百二十八枚の広島」(09)

 広島平和記念資料館メールマガジンでの紹介で知った写真集である。広島の出版社による書籍で、原爆の投下を受けたヒロシマが復興していく様子を昭和20年代から昭和30年代の写真で紹介される。

 原爆のヒロシマなのだが、この写真集を見た限りでは原爆ドームがあるくらいで、特有の印象はない。戦時中は多くの都市が空襲を受け、焼け野原になってしまった。当地もその例外ではなく、郊外に行かないと戦前の建物は見当たらない。ヒロシマは原子爆弾の被害を受けたと云う影響のために数年の遅れはあったものの、その復興の姿は他所と変らないように見える。

 原爆スラムの様子が判るような写真があればいいと思っていたが、残念ながらないようだった。

百二十八枚の広島
百二十八枚の広島

明田 弘司 (著)
単行本: 127ページ
出版社: 南々社
ISBN-10: 4931524737
発売日: 2009/08
商品の寸法: 25.2x18x1.4cm
(表紙を拡大)

 それにしてもこの時代の人の姿には生活感がある。良い意味での生活感である。足が地に着いた感じの落着きがあって好きだ。

|

« 一年間の結果 | トップページ | 隣の住民 »

ヒロシマ・ナガサキ」カテゴリの記事

写真集・画集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/47268750

この記事へのトラックバック一覧です: 明田弘司「百二十八枚の広島」(09):

« 一年間の結果 | トップページ | 隣の住民 »