« 恐るべき耐性 | トップページ | ブログのデザインを変更 »

2009.11.20

→Pia-no-jaC←「First Contact」(08)

 一部で→Pia-no-jaC← ピアノジャックというユニットが絶讃されているようなので、試しにファーストアルバムを中古で入手してみる。

 いやぁ、ファンには悪いが、あたし的には最悪の音楽である。ピアノとカホン(打楽器)によるインストルメンタルなのだが、ピアノ演奏として、電子ピアノが使われているのが、とにかく酷い。ピアノの音色のようでピアノのような深みがないので、気持ちが悪い。普通のシンセとして、他の音色をどうして使わないのだろう。演奏家としてのこの辺りの無神経さがどうしても耐えられない。変な掛け声が入るのも粗野な感じで下品極まりない。

First Contact
First Contact

→Pia-no-jaC←
CD (2008/9/10)
ディスク枚数: 1
レーベル: 3d system(DDD)(M)
収録時間: 27 分

(ジャケットを拡大)

 手にはしたものの、二度と聴くことはないと思われる一枚。

|

« 恐るべき耐性 | トップページ | ブログのデザインを変更 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/46830657

この記事へのトラックバック一覧です: →Pia-no-jaC←「First Contact」(08):

« 恐るべき耐性 | トップページ | ブログのデザインを変更 »