« 最近入手の積ん読素材 | トップページ | 人間ドック »

2009.09.06

岩井志麻子『現代百物語』(09)

 百物語と云うと怪談と相場が決まっているものなのだが、この百物語もいちおう怖い話を集めたことになるのかしらん。とにかく、いわゆる普通の生活をしていると見聞きできないような人間の業ともいえるような生態が岩井という人によって曝露される。

 この岩井志麻子という人についてはまったくしらないのだが、このような書籍を出す作家であると同時に、タレントとしてTV出演してかなり破廉恥な発言もしているらしい。この内容にしてもアンダーグランドな栖息する人間の登場が多い。すべて実話を基にしているということらしいのだが、まぁ、そういう世界との繋がりに感心するものである。

 それにしても当たり前、という枠にハマらない人たちの多様性には驚く。ここまで行っちゃう人は行っちゃうのだと感慨深い。

現代百物語
現代百物語

岩井 志麻子 (著)
文庫: 209ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)
ISBN-10: 4043596065
ISBN-13: 978-4043596065
発売日: 2009/6/25
商品の寸法: 14.6x10.6x1cm

 見開き2ページでちょうど1話分と云う構成になっている。すべての話をこの分量に収めるのはなかなか大変だったろうと思う。小難しい内容でもないのに何故だか読み切るのに半月もかかってしまった。読んでいる途中で絶対寝てしまうんだよな。

|

« 最近入手の積ん読素材 | トップページ | 人間ドック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/46148890

この記事へのトラックバック一覧です: 岩井志麻子『現代百物語』(09):

« 最近入手の積ん読素材 | トップページ | 人間ドック »