« 最近入手の積ん読素材 | トップページ | シルバーウィーク明けの不思議 »

2009.09.23

滝田洋二郎「おくりびと」(08)

 TVで滝田洋二郎の「おくりびと」を放映するというので見る。アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したりして評判になっていたが、劇場でもDVDでも見ていなかった。

 確かに幾つかのシーンで泣かされたのは間違いないが、死や人間の尊厳と云うものをあらためて思い知らされたのは個人や普遍的なことに係わることであり、ドラマにはまったく関係のないことなのだ。この映画は納棺師の作法が見せることが出来れば、ある程度の成功は約束された訳で、あとはいかに品を保つか、ということだった。だからドラマ的には恐ろしく薄っぺらく、事実上納棺師とは関係のないエピソードをクライマックスにもってきていることから、それは紛れもない事実である。

 まぁ、醜作とは云わないが、こんな映画が絶讃されるのだから、邦画の質がいかに落ちていているのかは明らかだよなぁ。

 それにしても吉行和子がばあさん役で出ているのには、何か違和感がある。今だに何とは云えぬ女の色気があるからだ。八千草薫嬢はいまだにお嬢であっても、やはり可愛い婆さんと云う印象は拭えないが、吉行は女であることを意識しない訳にはいかない。が、生年を調べると35年生まれで、すでに74歳、確かに婆さんである。何とも化け物のような女優である。

おくりびと
おくりびと

監督:滝田洋二郎
出演:本木雅弘,広末涼子,余 貴美子,吉行和子,笹野高史
ディスク枚数: 1
販売元: アミューズソフトエンタテインメント
DVD発売日: 2009/03/18
時間: 131 分

 こういった特殊な職業の人の日常を知りたいのなら、ここのブログがお薦め。我々の想像もつかない重い職業が存在している。

|

« 最近入手の積ん読素材 | トップページ | シルバーウィーク明けの不思議 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/46304295

この記事へのトラックバック一覧です: 滝田洋二郎「おくりびと」(08):

« 最近入手の積ん読素材 | トップページ | シルバーウィーク明けの不思議 »