« 尋常ではない素早さ | トップページ | 乱れ気味の生活 »

2009.08.21

給料袋

 今日はペイディ。給料袋が配られるのだけど、封も切ることもなく、そのまま職場の抽出しに放り込む。中を見ても代わり映えがないからだ。

 前の部署は残業が多く、月々の残業も変化があり、それなりに給料明細を見るのが楽しみだったが、今の部署は年間数十時間、前の部署のひと月分の半分もなく、ほとんど無に等しい。

 これほどまでに残業のないところは初めてで、ある意味、これが本来の生活なのではないかとも思う。毎日、寝に帰る、帰るのも面倒な、なんていう生活は尋常ではない。

 と云いつつも、生活はそんなに楽ではないと云うのも事実であるし、どちらがいいのかというのは価値観になってしまうだろう。でも、時間はお金では買えないというのは紛れもない事実である。

|

« 尋常ではない素早さ | トップページ | 乱れ気味の生活 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/46021092

この記事へのトラックバック一覧です: 給料袋:

« 尋常ではない素早さ | トップページ | 乱れ気味の生活 »