« 掃除は年に1回 | トップページ | 無差別殺人 »

2009.07.06

STUDIO VOICE スタジオ・ヴォイス 休刊

 かれこれ15年ほど定期購読しているSTUDIO VOICEが来月発売の号で休刊してしまうと云う。発売部数の低下と広告の減小がその理由らしいが、編集の多様な視点が見事な雑誌だっただけに、過去のものとなってしまうのが非常に残念である。

 ただし、今年に入ってからは紙面デザインの担当者が変ったのか、デザインばかりが先行する非常に読み辛い不愉快なものになってしまっていたのも事実である。普通に読ませてくれればいいのだが、文字をダブらせてみたり、奇をてらった感じで、嫌がらせをしているのではないかと思ったくらいだ。

 内容が優れていても読み難ければ、やはり読めたものではない。これが続くならこの雑誌ともお別れかと思っていたのだが、先に手を振られた形になってしまった。

 サブカルを扱った硬派な雑誌が姿を消すのは大きな損失で、この編集者たちをそのまま拾ってくれる出版社があれば助かるのだが。

|

« 掃除は年に1回 | トップページ | 無差別殺人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/45562362

この記事へのトラックバック一覧です: STUDIO VOICE スタジオ・ヴォイス 休刊:

« 掃除は年に1回 | トップページ | 無差別殺人 »