« 末期な自民党 | トップページ | ふじ屋の手拭い2 »

2009.06.24

こんな夢を見た

 こんな夢を見た。

 何故だか実家の居間に居る。ふと窓から庭の方を見ると、巨大な飛行機が超低空飛行しており、すぐに窓の視界から消える。旅客機ではない、ずんぐりとした貨物機のような感じ。やがて、飛行機が落ちたと云う知らせが入る。

 あんなに低空飛行していたのだから、そんなに遠くないところに落ちている筈なのだが、それらしき音は聞えない。

 ふと、窓の外を見るとすっかり薄暗くなった中で、庭木にパーツとなった遺体がそこかしこに引っかかっている。幸いにも暗いため、詳細は見えない。明るくなる前に遺体を回収して貰えればいいにのと思う。

 外から子供たちが帰ってくる。遊びに行っていたようだ。体に血を浴びて汚れている。どうしたんだと聞くと「飛行機が落ちたみたい」と云うが、怯えた様子はない。

 5時過ぎにいったん目覚め、二度寝した時に見た夢なのだが、これはどうやら数日前に「全日空機雫石衝突事故」に関する記事を読んだ所為らしい。本当に嬉しくない夢だった。

|

« 末期な自民党 | トップページ | ふじ屋の手拭い2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/45451405

この記事へのトラックバック一覧です: こんな夢を見た:

« 末期な自民党 | トップページ | ふじ屋の手拭い2 »