« 意地でも雨は降らせない(BlogPet) | トップページ | こんな夢を見た »

2009.06.23

末期な自民党

 首相が首相でなくなっている訳だから、与党の自民党もいい加減これ以上の恥を曝さないような手だてを考えるべきなんだろうが、ところがどっこい、もともとが本気で政策をしようとは思っておらず、いかに権力を持ったまま生き長らえるかが、第1の問題であり、だから人気のある東国原知事を選挙にかつぎ出そうとして、彼のあまりにも本気な洒落を突き付けられて、やや憤慨しているようなところを見せていたりするのは、国民からするとやったな東という感じもあって、情けない反応しか返せない自民党はその情けなさがいよいよ浮彫になって、だからお前らは馬鹿なんだよという光景が以前にもあったというのに気がつくと、それはあの金ブタのことだったりして、そういえばコイズミも大したことはなかったなと思いつくのだが、かといって今度の首相に舛添なんて論外で、あんな野郎が首相の舛添ですなんて現れる様子を考えるとゾッとし、それならまだ石破の方がまともな資質を持っていると思うのだが、今の自民党に首相の顔を持つ人間が居ないのも確かで、そもそもそんなものが与党であるというのが間違いないのだが、かといって野党がどうかと云うとこれまたまともな人材はおらず、本当に頭を抱えてしまっているのが国民の大方ではないのか。

|

« 意地でも雨は降らせない(BlogPet) | トップページ | こんな夢を見た »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/45434238

この記事へのトラックバック一覧です: 末期な自民党:

« 意地でも雨は降らせない(BlogPet) | トップページ | こんな夢を見た »