« 滝田洋二郎『コミック雑誌なんかいらない!』(85) | トップページ | 包丁がない »

2009.02.24

一人暮らしになった

 去年の夏から余所にアパートを借りつつも、家に居座っていたカミさんが、今日の深夜に子供を連れて出ていった。何とも突然な行動で、洗濯していない汚れもとのかも多く残したまま、出ていった。

 遅かれ早かれこういうことは一度はあるだろうと思っていたので、特に驚くことはなかったのだが、その場しのぎのやり方で出ていったのには参った。また掃除をしに来るらしい。というか、荷物はほとんどおいたまま人ですけど。

 それにしてもあたしも疲れ切った。理屈が完全に無視されるのはどうしようもない。参っているなら本当に入院加療して欲しいのだが、それもいやならしい。あたしの実家が子供の面倒を見てもいいというのを完全に突っぱねた。今日もガッコを休んだらしく、センセが子供のいない家に「様子はどうですか」なんてやって来た。どうすればいいんだろうね。

 今となっては、ひとりだけの時間を生きるのにやはり寂しさを感じる。

|

« 滝田洋二郎『コミック雑誌なんかいらない!』(85) | トップページ | 包丁がない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/44164332

この記事へのトラックバック一覧です: 一人暮らしになった:

« 滝田洋二郎『コミック雑誌なんかいらない!』(85) | トップページ | 包丁がない »