« 吉岡秀隆と小倉一郎 | トップページ | 黄砂 »

2009.02.10

3月下旬の陽気

 3月下旬の陽気の一日でした、とかニュースで言っているのを耳にするのだが、昼中の気温は10数度まで上がっても、朝の気温は相変らず、3、4度ならちっとも暖かい気がしない。いつもの通りの防寒装備が必要なら、夕方暖かくてもそんなに有り難いとは思わない。

 やはり最低気温が10度を超えると春になったという気がするんだろうと思う。底上げが出来ていないとやはりダメである。

 それにしても帰りが明るくなったのが嬉しい。家に辿り着く頃には薄暗くなってはいるものの、外に出て明るいとホッとする。調べてみると年に5ヶ月は夕方6時前に日が暮れているらしい。意外といえば意外。当地では夏の終わる9月の末には5時台で暮れるようになり、3月の初めに6時を超えるらしい。

 いまだに出勤時にはハクキンカイロ3つが稼働している。

|

« 吉岡秀隆と小倉一郎 | トップページ | 黄砂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/44020609

この記事へのトラックバック一覧です: 3月下旬の陽気:

« 吉岡秀隆と小倉一郎 | トップページ | 黄砂 »