« 4度か3度か(BlogPet) | トップページ | 280,000番目のお客様は... »

2009.01.09

PageKeeper ページキーパー

 1年くらい前にこの製品を知って、購入するかどうかずーっと迷っていたPageKeeperページキーパー

 一体何なのかと云うと、ページキーパーと製品名にある通り、特定のページを保ってくれる器具である。一種のしおりなのだが、書籍の裏表紙に取り付け、ワイヤーでページを挿む仕組みになっている。普通、しおりは読み終えた時に挿むのだが、このしおりではページを繰るたびにしおりを外すと云う感じか。

 あたしは寝る前に本を読むというのが習慣になっていて、ページを開いたまま寝てしまうことも少なくない。余談になるのだが、ヘビースモーカをしていた頃は寝煙草し、朝起きるとページの間に消えた煙草があってびっくりしたことがある。ページも大して焦げておらず、うまい具合に挟まって、さらにすぐに消火したらしい。

 途中で寝てしまうと、開いたページをそのまま手にしたまま、朝、目覚めることもたまにあるが、大抵は閉じられてしまっている。どのあたりまで読んだか定かでなく、何度も何度も同じようなところを読んでいたこともあった。

 そういった寝中断に効果的なのがこのPageKeeperページキーパーである。絶対にどこまで読んだか判らなくなることはない。就寝前の寝読みには必須の器具である。

 非常に便利な道具なのだが、欠点はある。表紙にクリップで挟み込む仕組みになっているので、表紙に傷がつく可能性が高い。これは薄紙を咬ませることでどうにか対応できそうだが、更なる問題は、ページを繰るたびにワイヤーがページに跡を付けてしまうと云うことである。特に厚い本だとワイヤーが酷く挿んでくるので、避けることは出来ないだろう。

 貴重な本にはあまり使用を勧めることは出来ないが、文庫本のような軽く読むような書籍にはピッタリである。

|

« 4度か3度か(BlogPet) | トップページ | 280,000番目のお客様は... »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/43711829

この記事へのトラックバック一覧です: PageKeeper ページキーパー:

« 4度か3度か(BlogPet) | トップページ | 280,000番目のお客様は... »