« 佐木隆三『なぜ家族は殺し合ったのか』(05) | トップページ | 干し柿 »

2009.01.19

エマニュエル・リヴァ 『HIROSHIMA 1958』(08)

 週刊誌AERAの広告でこんな写真集が出ていたのを知る。品薄で入手が難しくなりそうな気配があるので、急いで入手する。

HIROSHIMA 1958
HIROSHIMA 1958

港千尋(編集), マリー=クリスティーヌ・ドゥ ナヴァセル(編集),関口涼子(翻訳), エマニュエル リヴァ
大型本: 109ページ
出版社: インスクリプト (2008/11)
ISBN-10: 4900997226
ISBN-13: 978-4900997226
商品の寸法: 24 x 21.8 x 1.8 cm
(表紙を拡大)

 この写真集はアラン・レネの『二十四時間の情事』(59)の主演女優エマニュエル・リヴァ によるもの。広島での撮影時にその風景を取り残していたらしい。廃墟となって13年後の復興しつつある広島の様子がそのまま写し取られている。

 前半分が写真集で、残りはインタビュー等という構成になっている。もう一度、映画を見てから、じっくりと読みたいと思う。

二十四時間の情事
二十四時間の情事

監督:アラン・レネ
出演:エマニュエル・リヴァ, 岡田英次
ディスク枚数: 1
販売元: アイ・ヴィ・シー
DVD発売日: 2005/06/24
時間: 91 分

(ジャケットを拡大)

|

« 佐木隆三『なぜ家族は殺し合ったのか』(05) | トップページ | 干し柿 »

ヒロシマ・ナガサキ」カテゴリの記事

写真集・画集」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/43794765

この記事へのトラックバック一覧です: エマニュエル・リヴァ 『HIROSHIMA 1958』(08):

« 佐木隆三『なぜ家族は殺し合ったのか』(05) | トップページ | 干し柿 »