« 換算(BlogPet) | トップページ | 景気 »

2008.12.17

軍艦島を世界遺産にする会『軍艦島 住み方の記憶』(08)

 引き続き、軍艦島関連の書籍。軍艦島を世界遺産にする会という特定非営利活動法人による自費出版書籍『軍艦島 住み方の記憶』(08)である。軍艦島が世界遺産に相応しいかどうかはさて置き、廃墟賛歌でない、人間の営みが存在した文化の対象として捉えられるのは非常に好ましいことである。

 書籍は現在の様子と閉山する前の人々が生活していた頃の映像対比で主に構成され、軍艦島を世界遺産にする会代表の坂本道徳さんらの当時の思い出も綴られている。人々が行き交っている写真を見ると、この端島は建物が鬩ぎ合っているものの、決して特殊なところではないというのが窺える。コミュニティーの強いところでもあったようで、そういったライフスタイルの研究がなされてもいいのではないかと思う。

 書籍は軍艦島を世界遺産にする会のサイトのみでの発売。自費出版ということもあるが、80ページで2500円はちょっと高いかも。

|

« 換算(BlogPet) | トップページ | 景気 »

軍艦島・同潤会アパート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/43450248

この記事へのトラックバック一覧です: 軍艦島を世界遺産にする会『軍艦島 住み方の記憶』(08):

» 軍艦島資料館の展示内容を一新 [ローカルニュースの旅]
軍艦島に関する情報を展示する「野母崎軍艦島資料館」が1月5日、内容をリニューアルした。写真約250枚を展示し、活気にあふれていた島の様子を振り返ることができる。年末年始を除き無休。開館は午前9時〜午後5時。無料。... [続きを読む]

受信: 2011.01.07 10:30

« 換算(BlogPet) | トップページ | 景気 »