« 積ん読 | トップページ | 試験は洒落臭い »

2008.11.27

冷え冷え

 南国とは云え、暖房器を使っていないといい加減寒い。すこしでも暖かくなろうとキルトダウンスリッパを履いてみるものの、ちっとも暖かくならない。もちろんないのとは雲泥の差なのだが、この程度では、という感じだ。

 布団に潜っても寒いし、特に足もとが冷たい。寒いので縮こまって、うんうん云っているうちに寝入ってしまう。

 目が覚める頃には寝入る前、あんなに寒かったのが嘘のように体が温まり切ってて、足なんかも布団から出しても全く寒くはない。不思議な話である。起きる時間と云うと日が上る頃の一日で一番寒い時間帯の筈なのに。やはり布団に入っているだけで随分と温もるものなのだろうか。

 冬で一番憂鬱なのは、仕事帰りにすっかり日が暮れてしまっているということより、起きた時にまだ薄暗いということ。まだ夜半なのか起きなければならない時間なのか、よく判んないではないか。

|

« 積ん読 | トップページ | 試験は洒落臭い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/43247539

この記事へのトラックバック一覧です: 冷え冷え:

« 積ん読 | トップページ | 試験は洒落臭い »