« 試験は洒落臭い | トップページ | 双眼鏡を持って海へ »

2008.11.29

LEICA ULTRVID BR20 8X20BR

 衝動買いの極めつけだったライカの双眼鏡、ウルトラビット 8X20BRが届く。口径20mmの小型双眼鏡の中では一番くらいに評判の良かった製品である。

 大きさはケンコーの安物とほとんど同じで、見た目もそんなに変わりはない。ライカには接眼の方にカバーがついている程度である。

 まぁ、それは外観だけのことであって、見え方は全く違う。ライカは評判の通り、クリアな切れのよい映像である。多少色収差があるかな、と思われるが、気にする程でもない。日中は鮮明なのだが、夜の室内でも暗くはならず、見た通りが拡大されるのはなかなかである。ピントが合った時は像の立体感が際立ち、瞬時にピントが合っていることを知る。

 ライカと比較してケンコーは、こういうと申し訳ないのだが、オモチャのレベルにも達してない。左右の像が完全に一つにならないし、色のにじみも激しい。ピントも合っているのか合っていないのか判らない。これが双眼鏡として使えるものかどうか、甚だ怪しい。

 BR20でも全くの完全であるとは云い切れないのだが、これ以上になるためにはさらに口径が大きくなることと、何倍かの費用が必要になる。なんか初めから良いものを手にし過ぎたかもしれないという気がする。

 ちなみに購入はレモン社の通販なのだが、並行輸入ということで、正規代理店なら30年の保証が10年ということらしかった。20年の差はどう影響するだろうか。ちなみに購入価格は特別割引デーということと楽天のポイントも使って48,000円。常にこの程度で入手できるのなら、まだいいのだけど。

|

« 試験は洒落臭い | トップページ | 双眼鏡を持って海へ »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/43278089

この記事へのトラックバック一覧です: LEICA ULTRVID BR20 8X20BR :

« 試験は洒落臭い | トップページ | 双眼鏡を持って海へ »