« 献血 | トップページ | 砂風呂遊び »

2008.11.08

ゲバゲバ90分! ミュージックファイル

 『ゲバゲバ90分! ミュージックファイル』をようやく入手する。ゲバゲバ90分!は1969年10月7日から1971年3月30日まで毎週火曜日夜8時~9時26分に放送されたナンセンスギャグ番組で、正式名称は『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』である。この番組のために宮川泰が作曲したものを集めたのがこのアルバムなのだが、10年も前にリリースされていたにもかかわらず、今年になるまで存在を知らなかった。
 

ゲバゲバ90分! ミュージックファイル
ゲバゲバ90分!
ミュージックファイル

宮川泰
CD (1998/3/21)
ディスク枚数: 1
レーベル: バップ
収録時間: 67 分

(ジャケットを拡大)

 この番組について、本編に関しては映像データがフィルムからテープへの過渡期であったということもあり、データがほとんど残っていないという。本編がないにもかかわらず、BGMだけは録音テープが保存されており、このCDのリリースとなる。第一回目の録音分は当時としては非常に珍しいステレオで録音されており、半分ほどの楽曲はステレオで収録されている。

 オープニングテーマは今だにCMでアレンジが使われているなど、現役で耳にしているが、オリジナルを通しで聴くというのは放送以来ではないかと思う。2分半程度のそんなに長くないマーチ曲なのだが、やはり溌剌[ハツラツ]とした感じと曲の展開は40年の時代を経ても色あせず、素晴らしいのひと言に尽きる。ガッコの運動会でこの曲を行進に使うことはできないと思うけど、一定年代以上の日本国民の頭の中では、何かにつけて鳴っているのではないだろうかと思う。

 他の曲に関しても聴き覚えのあるような曲ばかりである。しかもギャグ番組でありながら、モダンジャズを取り入れたやや済まし顔風の音楽である。ギャグのBGMだから馬鹿のような音楽を、ということではない。今、こういった感じでBGMを聴いただけでも十分に鑑賞に耐えられるのである。

 この番組は脚本と音楽に力を入れ、制作費の50%をこの二つに投入したという。現在、馬鹿のようにお笑い芸人の番組が乱立しているが、いづれも素人の消費前提の瞬間芸ばかりである。番組を作る側のプロとしての誇りがまったく感じられず、視聴率ありきの場当たりさが鼻につく。

|

« 献血 | トップページ | 砂風呂遊び »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/43056947

この記事へのトラックバック一覧です: ゲバゲバ90分! ミュージックファイル:

« 献血 | トップページ | 砂風呂遊び »