« NHK広島放送局開局80年ドラマ・帽子(BlogPet) | トップページ | 勇気あるSPAM »

2008.10.13

訃報は続く

 三浦和義が自殺した日に俳優の峰岸徹が肺癌で亡くなったらしい。65歳。年齢的にはまだまだ若く、死ぬのには早いのだが、この人がすでにこんな年齢になっているとは思ってもいなかった。まぁ、あたしでさえすでに初老を過ぎているのだから、昔から見ている人たちが若くなくて当然なのだが。

 役者としての峰岸というと、これが凄いというのは残念ながら出てこない。脇を固めているのか、主に出ようとしているのかよく判らない感じでもう一つ煮え切らなかった。印象が強いのは東陽一の『サード』(78)で永島敏行に裸で殴り殺されるモンモンのヤクザ姿である。それなりの凄味があって気持ちが悪かった。

 岡田有希子が自殺した時には交際していて、自殺の原因になったと報じられたが、今ひとつピンとこなかった。もっとも岡田有希子本人もあたしにとってはそんなに関心の対象でもなかったのだが。

 それにしても死ぬしばらく前まで現役で仕事が出来るのは幸せなことだと思う。

|

« NHK広島放送局開局80年ドラマ・帽子(BlogPet) | トップページ | 勇気あるSPAM »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/42778991

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報は続く:

« NHK広島放送局開局80年ドラマ・帽子(BlogPet) | トップページ | 勇気あるSPAM »