« 訃報は続く | トップページ | 細野晴臣『アーリー細野晴臣』(85) »

2008.10.14

勇気あるSPAM

 職場のメールアドレスはホームページに公開しているため、SPAMメールが多い。日に50通くらいはある。7割半は海外からのもので、残りは出合い系か。それを削除するのが雑用庶務のあたしの仕事で、週明けはその数にうんざりする。役場全体で同じようなことをしているらしく、週明けの朝いちの30分近くはグループウェアのメールの処理が恐ろしく重くなる。

 そんな中で完全に焼けっぱちでやっているなと思うのが、ブランド物のコピーの販売メールである。スーパーコピーで有名ブランドの商品と見分けがつかないものが1/10の価格で手に入る!、なんて堂々とやっている。振り込め詐欺はその誘いだけではなかなか立証できないと思うのだが、このコピーものの売買に関しては意図が明らかな段階ですでにアウトである。

 やっている連中は完全に自棄のやん八なんだろうなと思う。初めから犯罪を犯していることを明確にしているのを見て、何だか痛々しくて仕方ない。何万通と送っているんだろうけど、どれだけの人間が購入に至っているのだろうか。毎日のように送られてくるメールを削除する度に暗い気分になる。

|

« 訃報は続く | トップページ | 細野晴臣『アーリー細野晴臣』(85) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/42790951

この記事へのトラックバック一覧です: 勇気あるSPAM:

« 訃報は続く | トップページ | 細野晴臣『アーリー細野晴臣』(85) »