« 雑誌も馬鹿にならない | トップページ | 訃報は続く »

2008.10.13

NHK広島放送局開局80年ドラマ・帽子(BlogPet)

O-Maruの「NHK広島放送局開局80年ドラマ・帽子」のまねしてかいてみるね

見逃して見る人間に追悼番組に40年前に棄てられたはずのだろうかと思った頃は心地よい?
遺作で胎内被爆をした。
71歳はないの挨拶も多少はどのようだが多いなかで別れの親友ということを信じながら、いっそう普通の再放送がないのおばちゃんに40年前に作っているとはもういくらか若いのに、いっか、この先はやはり老けてきていた津川雅彦は少なからず心配では女性を送って貰ったことを信じながら、と知ってきていないと思った女性はまた々しかった。
女性に棄てられたといけないように風呂に行くという感じだが、しばらく前に追悼番組に行くという感じだ。
が多いなかで役を巡る物語であるようだが呉から東京へ会いに風呂に出てしまい痛々しい!
胎内被爆した女性はどのような心境で頻繁に希望を知らされることに風呂にドラマは9歳のおばちゃんに老け方は激しすぎる?
よく考えて見る人間に演じたのに、気を演じたミニチュアの老け方を受けたらしく、幼なので見る。
しかし、自らも緒形は女性にこのようが呉から東京へ会いに、幼なことで帽子屋に出て貰ったので見る人間になっても出来なかったろうか。
肉体労働者で70歳を失うという女性はなかったのに、ま、緒形も余命3ヶ月という女性をして貰った役者がさらに痩せこけていているので見る?

*このエントリは、ブログペットの「フタキンSkywalker」が書きました。

|

« 雑誌も馬鹿にならない | トップページ | 訃報は続く »

BlogPet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/42771063

この記事へのトラックバック一覧です: NHK広島放送局開局80年ドラマ・帽子(BlogPet):

« 雑誌も馬鹿にならない | トップページ | 訃報は続く »