« 衣更え | トップページ | 250,000番目のお客様は... »

2008.10.02

アーヴィン・カーシュナー『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(83)

 007 「カジノ・ロワイヤル」付スペシャル・コンプリートBOX なんてものを注文したものだから、アメリカ製番外編の『ネバーセイ・ネバーアゲイン』も入手する。

 ショーン・コネリーが007を降りてから12年目の作品だというが、すでに25年前のものになっているので改めて驚く。劇場ではなくTVで何回か見たことのある作品だが、007シリーズにしてはやはり地味という印象が強い。

ネバーセイ・ネバーアゲイン
ネバーセイ・ネバーアゲイン

監督: アーヴィン・カーシュナー
出演: ショーン・コネリー, キム・ベイシンガー, クラウス・マリア・ブランダウアー
画面サイズ: 2.35:1
ディスク枚数: 1
販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
DVD発売日: 2008/08/22
時間: 134 分

(ジャケットを拡大)

 007はイギリス映画とあってハリウッド映画とはどこか違う落着きがあるものの華やかである。『ネバーセイ-』はアメリカ産でこうも垢抜けしないのはどうしてだろう。ちょっと不思議な気がする。

 番外でコネリーが復活するほど、コネリーのボンドは人気があったようだが、あたしが007を見始めた頃と云うのはロジャー・ムーアのボンドで、むさ苦しいコネリーよりもアクションが出来なくてもスマートなムーアの方が好みである。

 007の極めつけ番外と云えば67年版の『カジノ・ロワイヤル』である。もちろんこれも同時入手なのだが、あまりに奇天烈だったので20数年ぶりに見ることになるのだが、果たして今回も消化できるか否か。

|

« 衣更え | トップページ | 250,000番目のお客様は... »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/42665091

この記事へのトラックバック一覧です: アーヴィン・カーシュナー『ネバーセイ・ネバーアゲイン』(83):

« 衣更え | トップページ | 250,000番目のお客様は... »