« 小林伸一郎『NO MAN’S LAND 軍艦島』(04) | トップページ | 新内閣 »

2008.09.23

細江英公 展覧会のための写真集・「抱擁」と「薔薇刑」(08)

 「薔薇刑」は三島由紀夫も好きではないし、どうだかなというところは少なからずあるが、「抱擁」のフォルムの美しさと力強さには思わず感嘆してしまう。

細江英公 展覧会のための写真集『「抱擁」と「薔薇刑」』
細江英公
展覧会のための写真集
「抱擁」と「薔薇刑」

サイズ: 297mm x 210mm
装丁: 上製本カバー付き
ページ数: 110ページ
GALLERY WHITE ROOM TOKYO
(表紙を拡大)

 現在、GALLERY WHITE ROOM TOKYOで細江英公の「抱擁」(71)と「薔薇刑」(63)の写真展が行われており、それに際して1000限定で抄録の写真集がリリースされた。奥付には細江英公のサインとナンバーの記されたカードが貼り付けられている。

 写真集の表紙カバーは「抱擁」からのものだが、女性の股間に男の手が宛てがわれているという際どいものなのに、猥雑さはない。黒人と黒人でない複数の女性の絡みで写真が構成されるのだが、黒と白のコントラストが美しく、筋肉等の様子が見事に美となって現れる。この写真については一度見ておいても損はない。

 それにしても71年のオリジナル版の高額取り引きなこと。抄録ではなく全編通して見てみたいものだが、図書館にでもいかないとさすがに叶いそうもない。

|

« 小林伸一郎『NO MAN’S LAND 軍艦島』(04) | トップページ | 新内閣 »

写真集・画集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/42572842

この記事へのトラックバック一覧です: 細江英公 展覧会のための写真集・「抱擁」と「薔薇刑」(08):

« 小林伸一郎『NO MAN’S LAND 軍艦島』(04) | トップページ | 新内閣 »