« 女で身を崩す | トップページ | 浅草の近所にお住まいの方 »

2008.07.13

クールマックス 涼感 敷パット

 あたしが寝ている書斎というのはこのシーズンはかなり暑い。ほとんど昼夜、気温が変らず、すでに31度から33度をキープし続けている。こういうところで寝ると当然、汗がひどく、布団が常時湿った状態になる。

 朝、目ざめて汗でぐっしょりした布団の感触は決して気持ちのいいものではないが、数分後には起きる訳であり、ひとときの辛抱である。しかし、寝る時にじっとりと湿った布団に横たわるのは、自らが出した水分ながら、気持ちが悪い。一日でも最悪のひと時である。

 クールマックス COOL MAXという素材を使った敷パットを使えば、そういうじめじめした不愉快な気分を味わうこともないと云うことをふとサイトで見かけ、決して安くはないがあの不快感を感じずに済むのなら安いものだと思い、クールマックス 涼感 敷パットというものを購入してみた。

 実際に使うと天然素材ではないという事から、肌ざわりは正直云ってよろしくない。綿100%のシャツを着ていて、化繊100%のシャツに変えた時のあの暑苦しい肌ざわりがやはりある。しかし、一晩寝て起きた時、布団の汗の湿り気はほとんど感じず、爽やかである。いつもなら腰回りとか布団につきまとう感じがあるのだが、さらさらである。朝にこんなに爽やかだから、寝る時はもっと湿り気はない。これは見事である。

 洗濯機洗いもOKで、しかも乾きが早いという事なので、週末は大きな洗濯を頻繁にすることになりそう。

|

« 女で身を崩す | トップページ | 浅草の近所にお住まいの方 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/41828679

この記事へのトラックバック一覧です: クールマックス 涼感 敷パット:

« 女で身を崩す | トップページ | 浅草の近所にお住まいの方 »