« 220,000番目のお客様は... | トップページ | 「年金天引は悪」か(BlogPet) »

2008.06.04

「年金天引は悪」か

 年金天引で徴収を行うというのを初めてやったのは介護保険である。当時、あたしは役場でその制度の立ち上げに携っていたのだが、徴収漏れを最小限にするというこの方法には、確かに驚いたものである。しかし、保険料あっての制度であるし、平等という意味でも踏み倒しが少しでもない方が良いことは確かである。

 年金天引と云う方法は極めて合理的であり、間違ってはいない。天引きをやめろと云う主張の本意が判らない。天引きをやめて未払いで踏み倒すことができることの方が正しいのだろうか?

 天引きがまずいとすれば、根本的な問題は保険料が高過ぎると云うことに外ならない。高過ぎる保険料と天引きという方法を同次元で問題視する手合は実は何も見えていないと云ってもいいだろう。廃止を訴えるのもいいが、政治家なら「代案を」である。反対するだけなら存在価値はない。

|

« 220,000番目のお客様は... | トップページ | 「年金天引は悪」か(BlogPet) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90327/41428372

この記事へのトラックバック一覧です: 「年金天引は悪」か:

« 220,000番目のお客様は... | トップページ | 「年金天引は悪」か(BlogPet) »